イスラマバード国際空港のすべて

スポンサーリンク

イスラマバード国際空港のすべて

イスラマバード国際空港とは。

イスラマバード国際空港は、2018年5月に開港したパキスタン、イスラマバードの空港です。2018年まで国際ハブ空港として機能していた「ベナジル・ブット国際空港」の跡地に建設されたため、「新イスラマバード国際空港」とも呼ばれています。

新空港の概要

新空港の概要

-新空港の概要-

新空港は、2018年に開業したイスラマバード国際空港である。空港は、イスラマバードの市内中心部から約35キロの場所に位置しており、滑走路2本、ターミナルビル1棟、貨物ターミナル1棟を備えています。ターミナルビルは、総面積が約11万平方メートルで、年間旅客数は約1,500万人を想定しています。貨物ターミナルは、総面積が約2万平方メートルで、年間貨物取扱量は約50万トンを想定しています。

新空港は、旧空港に比べて、規模が大きく、設備が充実しています。ターミナルビルには、チェックインカウンター、搭乗ゲート、免税店、レストラン、カフェなど、さまざまな施設が設けられています。貨物ターミナルには、貨物の積み下ろしを行うための設備が整っています。新空港の開業により、イスラマバードと世界各国の間の航空便が増加し、経済の発展に貢献することが期待されています。

旧空港との違い

旧空港との違い

旧空港との違い

イスラマバード国際空港は、旧空港と比べてはるかに新しく、近代的な設備を備えています。旧空港は、1960年代に建設され、老朽化が進んでいたため、国際線の運航が難しくなっていました。また、旧空港は市街地に近い場所にあり、騒音や大気汚染が問題となっていました。一方、新空港は、2018年に建設され、最新の設備を備えています。新空港は、市街地から約35km離れた場所にあり、騒音や大気汚染の影響を受けません。また、新空港は、国際線の運航に対応しており、世界各国の主要都市への直行便が就航しています。

今後の展望

今後の展望

-今後の展望-

イスラマバード国際空港は、今後数年間で数回にわたる改修と拡張工事を行う計画があります。同空港は新ターミナルビル、新滑走路および航空貨物ターミナルを建設する予定です。これらの改良により、空港の容量が大幅に増加し、旅客と貨物の取り扱いがよりスムーズに行われるようになるでしょう。

イスラマバード国際空港は、今後数年間で急速な成長を遂げると予想されています。経済成長と人口増加に伴い、空港の利用者数も増加していくでしょう。同空港は、これらの需要の増加に対応するために、容量を拡大し、サービスを改善する必要があります。

イスラマバード国際空港は、パキスタンにとって重要なインフラです。同空港は、国内外の貿易と観光に不可欠な役割を果たしています。空港の改修と拡張工事は、パキスタンの経済成長に大きく貢献するでしょう。

タイトルとURLをコピーしました