「甲府市遊亀公園附属動物園について」

スポンサーリンク

「甲府市遊亀公園附属動物園について」

甲府市遊亀公園附属動物園とは。

山梨県の県庁所在地である甲府市。この街の中央に広がる公園、遊亀公園の一角に、甲府市遊亀公園附属動物園があります。

1919年にオープンした動物園で、日本で4番目に歴史のある動物園です。

動物園の歴史

動物園の歴史

– 動物園の歴史

甲府市遊亀公園附属動物園は、1986年(昭和61年)に開園した動物園です。開園当初は、ライオン、トラ、キリンなどの大型動物を中心に展示していましたが、その後、サル類、鳥類、爬虫類などの展示を増やしてきました。現在では、約150種類、約1,000頭の動物を飼育しています。

甲府市遊亀公園附属動物園は、動物たちを自然に近い環境で飼育することをコンセプトにしています。そのため、動物たちの展示場には、木々や岩などが設置されており、動物たちが自由に動き回ることができるようになっています。また、動物たちの生態について学ぶことができる展示物も充実しています。

甲府市遊亀公園附属動物園は、甲府市の中心部に位置しており、アクセスが良好です。また、入園料が無料であるため、気軽に動物たちを見ることができます。そのため、地元の人々だけでなく、観光客にも人気のスポットとなっています。

飼育されている動物

飼育されている動物

甲府市遊亀公園附属動物園は、山梨県甲府市にある動物園です。1938年に開園し、現在は約70種、約300頭の動物を飼育しています。動物たちは、哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、魚類の5つのグループに分かれており、それぞれに専用の展示場があります。

哺乳類の展示場では、ライオン、トラ、ヒョウ、ゾウ、キリン、カバ、サイ、ゴリラ、チンパンジー、ニホンザル、ニホンジカ、ヤギ、ヒツジなど、さまざまな動物を見ることができます。鳥類の展示場では、ワシ、タカ、フクロウ、ハヤブサ、ミミズク、インコ、オウムなど、さまざまな鳥を見ることができます。爬虫類の展示場では、ヘビ、トカゲ、カメ、ワニなど、さまざまな爬虫類を見ることができます。両生類の展示場では、カエル、サンショウウオ、イモリなど、さまざまな両生類を見ることができます。魚類の展示場では、コイ、フナ、金魚、メダカなど、さまざまな魚を見ることができます。

甲府市遊亀公園附属動物園は、子供から大人まで楽しめる動物園です。動物たちを間近で見ることができ、自然について学ぶことができます。また、動物園内にはレストランや売店があり、休憩をとることもできます。

アクセス

アクセス

-アクセス-

甲府市遊亀公園附属動物園は、山梨県甲府市にある動物園です。アクセスは、車の場合は中央自動車道甲府南インターチェンジから約10分、公共交通機関の場合はJR甲府駅からバスで約20分です。動物園は、午前9時から午後4時30分まで開園しています。入園料は、大人300円、子供150円です。

動物園には、約100種の動物が飼育されています。ライオン、トラ、象、キリン、シマウマ、サルなど、人気の動物がたくさんいます。また、レッサーパンダ、ミーアキャット、コツメカワウソなど、珍しい動物も飼育されています。動物園では、動物の生態や特徴についての解説パネルが設置されているので、動物について詳しく学ぶことができます。

動物園内には、売店やレストランもあります。売店では、飲み物や軽食、お土産などを販売しています。レストランでは、カレーライスやラーメンなどの食事メニューが提供されています。動物園は、家族連れやカップルで訪れるのに最適なスポットです。動物たちのかわいらしい姿に癒されること間違いなしです。

タイトルとURLをコピーしました