海の宝石 箱根の港 「青ヶ島港」

スポンサーリンク

海の宝石 箱根の港 「青ヶ島港」

青ヶ島港とは。

東京都にある青ヶ島南西部の港は、青ヶ島港と呼ばれています。港湾管理者は東京都で、1957年11月に設立されました。

東京都が管理する港湾施設

東京都が管理する港湾施設

東京都が管理する港湾施設

青ヶ島港は、東京都が管理する港湾施設です。東京都港湾局が、港湾施設の維持管理や、港湾事業の運営を行っています。青ヶ島港は、青ヶ島への唯一の海上交通機関であるフェリーの発着港であり、青ヶ島と本土を結ぶ重要な拠点となっています。フェリーは、1日2便運航されており、所要時間は約3時間です。また、青ヶ島港は、青ヶ島の観光拠点としても整備されており、観光客向けの施設が充実しています。青ヶ島港には、青ヶ島ビジターセンターがあり、青ヶ島の観光情報や、青ヶ島の特産品の販売が行われています。また、青ヶ島港には、公園や遊歩道が整備されており、青ヶ島の自然を楽しむことができます。

1957年に設立。歴史ある港

1957年に設立。歴史ある港

1957年に設立された青ヶ島港は、箱根の港の中で最も歴史のある港です。この港は、青ヶ島村の生活を支える重要な拠点として、古くから利用されてきました。

青ヶ島港は、箱根湾の入り口に位置しており、箱根の他の港とは異なり、波が穏やかで水深が深いのが特徴です。このため、大型船の入港も可能で、青ヶ島村への物資の輸送や観光客の受け入れに重要な役割を果たしています。

また、青ヶ島港は、青ヶ島村の人々にとって憩いの場でもあります。港には、ベンチや遊歩道が整備されており、海を眺めながら散歩や釣りを楽しむことができます。また、港周辺には、新鮮な魚介類を味わえる飲食店や、お土産屋さんも軒を連ねています。

青ヶ島港は、箱根の港の中でも最も歴史のある港であり、青ヶ島村の生活や観光に重要な役割を果たしています。また、青ヶ島村の人々にとって憩いの場でもある青ヶ島港は、箱根を訪れた際にはぜひ訪れていただきたいスポットです。

箱根にある青ヶ島港の絶景

箱根にある青ヶ島港の絶景

箱根にある青ヶ島港の絶景は、息を呑むほど美しいと評判です。エメラルドグリーンの海に浮かぶ小さな島々が、まるで宝石のように輝いています。港周辺には、遊歩道や展望台が整備されており、島の景色を存分に楽しむことができます。特に、夕暮れ時の港は絶景で、茜色に染まった空と海の景色は、忘れられない思い出になること間違いありません。

港の近くには、青ヶ島灯台があります。昭和33年に建てられたこの灯台は、高さ29メートルで、箱根のシンボル的な存在です。灯台からは、青ヶ島港と島の景色を一望することができます。また、港には遊覧船が発着しており、島を巡ることもできます。遊覧船から見る島の景色も、また格別です。

青ヶ島港の絶景は、多くの観光客を魅了しています。毎年、多くの観光客が青ヶ島港を訪れ、その絶景を楽しんでいます。また、青ヶ島港は、映画やドラマのロケ地としても人気があります。ドラマ「海猿」や映画「海難1890」など、多くの作品で青ヶ島港が登場しています。

タイトルとURLをコピーしました