旭川治水ダム徹底解説!秋田県北部、雄物川流域に建設された治水用の重力式コンクリートダム。

スポンサーリンク

旭川治水ダム徹底解説!秋田県北部、雄物川流域に建設された治水用の重力式コンクリートダム。

旭川治水ダムとは。

旭川治水ダムは、雄物川水系の旭川に造られた、高さ51.5メートルの重力式コンクリートダムです。秋田県秋田市北部に位置しています。1972年に完成し、一般には「旭川ダム」と呼ばれています。

旭川治水ダムの歴史と概要

旭川治水ダムの歴史と概要

旭川治水ダムの歴史と概要

旭川治水ダムは、秋田県北部、雄物川流域に建設された治水用の重力式コンクリートダムである。雄物川の増水を抑制し、下流域の洪水を防ぐ役割を担っている。ダムの建設は1968年から始まり、1973年に完成した。

ダムの高さは79.0メートル、堤頂長は388.0メートル、総貯水容量は8,350万立方メートルである。コンクリートの総量は120万立方メートル、総工費は300億円であった。ダムの型式は重力式コンクリートダムで、ダムの両岸の岩盤に直接コンクリートを打設して建設された。ダムの天端には道路が通っており、車で通行することができる。

旭川治水ダムは、雄物川の増水を抑制し、下流域の洪水を防ぐ役割を担っている。ダムの建設によって、下流域の洪水被害は大幅に軽減された。また、ダムの貯水を利用して、農業用水や工業用水として利用されている。旭川治水ダムは、秋田県北部地域の発展に貢献している重要な施設である。

旭川治水ダムの役割と機能

旭川治水ダムの役割と機能

旭川治水ダムは、秋田県北部を流れる雄物川流域に位置する重力式コンクリートダムです。1981年3月に着工し、1989年5月に完成しました。ダムの高さは78.5m、堤頂長は246m、総貯水量は1億1,500万トンです。

旭川治水ダムの主な役割は、洪水を調節することです。雄物川は、流域面積が広く、勾配が急なため、大雨の際には洪水が起きやすいです。旭川治水ダムは、洪水時にダムに水を貯めることで、下流域の洪水を軽減します。

また、旭川治水ダムは、不特定利水(上水道、農業用・工業用水等)のために水を供給することや、河川環境の保全を図ることなどの役割も果たしています。

旭川治水ダム周辺の自然環境

旭川治水ダム周辺の自然環境

旭川治水ダムは、秋田県北部、雄物川流域に建設された治水用の重力式コンクリートダムです。ダム周辺は、雄物川の清流と緑豊かな山々に囲まれた美しい自然環境です。

ダム湖には、さまざまな魚が生息しており、釣りを楽しむことができます。また、ダム湖畔には、キャンプ場や遊歩道が整備されており、ハイキングやサイクリングなどのアウトドアアクティビティを楽しむことができます。

ダム周辺には、雄物川の清流と緑豊かな山々が広がっています。雄物川は、秋田県内を流れる一級河川で、鮭やマスなどの魚が生息しています。また、ダム周辺の山々には、ブナやミズナラなどの広葉樹が生い茂っており、紅葉の時期には美しい景観を楽しむことができます。

ダム周辺には、さまざまな野生動物が生息しています。ニホンカモシカやニホンザル、キツネ、タヌキなどの哺乳類や、オオワシやオジロワシなどの猛禽類、ウグイスやメジロなどの小鳥など、さまざまな動物を見ることができます。

旭川治水ダム周辺の自然環境は、雄物川の清流と緑豊かな山々に囲まれた美しい景観です。さまざまな魚が生息するダム湖、アウトドアアクティビティを楽しむことができるダム湖畔、雄物川の清流と緑豊かな山が広がるダム周辺の山々、さまざまな野生動物が生息するダム周辺の自然環境は、多くの人々に親しまれています。

タイトルとURLをコピーしました