山形のサクランボ、チェリリンの魅力

スポンサーリンク

山形のサクランボ、チェリリンの魅力

チェリリンとは。

チェリリンは、サクランボをモチーフにしたキャラクターです。2002年に登場し、山形県山形市にある山形県産業科学館のマスコットです。

チェリリン誕生の経緯

チェリリン誕生の経緯

-チェリリン誕生の経緯-

山形県産のサクランボは、全国でも有数の生産量を誇っています。その中でも、近年人気を集めているのが、チェリリンという品種です。チェリリンは、山形県農業試験場が、佐藤錦と天香錦という2つの品種を交配させて開発したものです。

開発のきっかけは、山形県内で栽培されているサクランボの多くが、佐藤錦という品種であったことです。佐藤錦は、味や食感が良く、人気のある品種でしたが、日持ちがあまり良くないというデメリットがありました。そこで、日持ちが良く、かつ佐藤錦のような味や食感を持つ品種を開発するために、チェリリンが誕生しました。

チェリリンは、佐藤錦よりも日持ちが良く、収穫後も1週間ほどは鮮度を保つことができます。また、佐藤錦のような甘さとジューシーな食感も持ち合わせています。そのため、近年人気を集めており、山形県内外で広く栽培されるようになっています。

チェリリンの役割と活動

チェリリンの役割と活動

チェリリンの役割と活動

チェリリンは、山形県のサクランボのPRキャラクターとして、2003年に誕生しました。名前は、山形県のサクランボのブランド名である「チェリーランド」と、山形の方言で「元気な子供」を意味する「りんりん」を組み合わせたものです。

チェリリンの主な役割は、山形県のサクランボのPR活動を行うことです。イベントやテレビ番組などに出演して、山形県のサクランボの魅力をアピールしています。また、山形県内の幼稚園や小学校などに出向いて、サクランボの生産や歴史などの授業を行うこともあります。

チェリリンの活動は、山形県のサクランボのPRに大きな貢献を果たしています。チェリリンが登場して以来、山形県のサクランボの生産量は増加傾向にあり、現在では全国1位となっています。また、山形県のサクランボは、国内外で高い評価を受けるようになり、輸出も盛んになっています。

チェリリンは、山形県のサクランボのPRキャラクターとして、これからも活躍し続けるでしょう。

チェリリンのグッズ

チェリリンのグッズ

-チェリリンのグッズ-

山形のサクランボとして親しまれているチェリリンは、その可愛らしい見た目と美味しさで多くの人々に愛されています。そんなチェリリンには、様々なグッズが販売されており、その人気はとどまることを知りません。

中でも人気なのが、チェリリンのぬいぐるみです。その愛らしい表情と柔らかな手触りが、多くの人々を魅了しています。また、チェリリンのキーホルダーやストラップなども人気が高く、バッグや携帯電話などに付けて持ち歩いている人も多く見られます。

さらに、チェリリンのイラストが入ったTシャツやパーカーなどのアパレル商品も販売されており、チェリリンをアピールするファッションアイテムとして楽しむことができます。また、チェリリンのお菓子やジュースなどの食品系商品も充実しており、チェリリンの美味しさを存分に味わうことができます。

このように、チェリリンのグッズは多種多様であり、その人気はとどまることを知りません。チェリリンの魅力を存分に味わうために、ぜひお気に入りのグッズを見つけてみてください。

タイトルとURLをコピーしました