千葉経済大学附属高等学校とは?

スポンサーリンク

千葉経済大学附属高等学校とは?

千葉経済大学附属高等学校とは。

千葉経済大学附属高等学校は、千葉市にある私立高校です。1934年に千葉女子商業学校として開校し、1993年に現在の校名に変更されました。

沿革

沿革

千葉経済大学附属高等学校の沿革は、1927年に千葉経済専門学校として創立されたことに始まります。当時は、専門学校令に基づく私立専門学校で、主に経済学と商学を教授していました。1944年には、専門学校令の廃止に伴い、千葉経済専門学校は閉鎖されます。

1950年、戦後の復興期に千葉経済専門学校は、千葉経済大学として再開されます。千葉経済大学は、経済学、経営学、商学の3学部を擁する私立大学として、順調に発展していきます。

1962年には、千葉経済大学付属高等学校が創設されます。千葉経済大学付属高等学校は、千葉経済大学の教育理念に基づいて、経済学、経営学、商学の専門教育を行う高等学校として設立されました。

千葉経済大学付属高等学校は、創立以来、一貫した教育方針のもと、生徒の育成に取り組んできました。その結果、千葉経済大学付属高等学校は、進学率や就職率の高い学校として、高い評価を得るようになりました。

現在、千葉経済大学付属高等学校は、経済学、経営学、商学の3学科を設置する高等学校として、千葉県内では唯一の私立高等学校です。千葉経済大学付属高等学校は、今後も教育理念に基づいて、生徒の育成に取り組み、社会に貢献する人材を輩出していきます。

特色

特色

千葉経済大学附属高等学校の特色は、大きく分けて3つあります。

1つは、進路指導の充実です。同校は、生徒一人ひとりの希望や適性に応じた進路指導を行っています。進学指導部は、生徒の学力や希望する進路を把握し、一人ひとりに合った学習指導や進路指導を行っています。また、保護者との連携も密にとり、生徒の進路決定をサポートしています。

2つ目は、課外活動の盛んです。同校には、運動部や文化部など、さまざまな課外活動があります。生徒は、課外活動に参加することで、協調性や忍耐力、リーダーシップなどを身につけることができます。また、課外活動を通じて、友達の輪を広げることができます。

3つ目は、国際交流の盛んです。同校は、海外の学校と交流しており、生徒は海外の学校に留学したり、海外の生徒を招いたりする機会があります。国際交流を通じて、生徒は異文化を理解し、国際的な視野を広げることができます。

タイトルとURLをコピーしました