「旧藤田家住宅」の魅力を徹底調査!

スポンサーリンク

「旧藤田家住宅」の魅力を徹底調査!

旧藤田家住宅とは。

旧藤田家住宅は、宮崎県宮崎市にある歴史的な住居で、宮崎県総合博物館の敷地内にあります。1787年頃に建てられたとされ、土間のない「おもて」と「へんや」と呼ばれる2室のみの民家です。その希少性と歴史的価値が認められ、国指定重要文化財に指定されています。

歴史と文化が息づく「旧藤田家住宅」

歴史と文化が息づく「旧藤田家住宅」

「歴史と文化が息づく「旧藤田家住宅」」

旧藤田家住宅は、江戸時代後期に建てられた豪商の屋敷で、国の重要文化財に指定されています。屋敷は、木造瓦葺きの2階建てで、広い庭と蔵を備えています。内部には、当時の生活用品や家具などが展示されており、江戸時代の生活を垣間見ることができます。

旧藤田家住宅は、歴史と文化が息づく貴重な建造物です。屋敷の建築様式は、江戸時代の豪商の屋敷の特徴を色濃く残しており、当時の生活を伝える貴重な資料となっています。また、屋敷の庭には、四季折々の花が咲き乱れ、訪れる人の目を楽しませてくれます。

旧藤田家住宅は、歴史と文化に興味のある人におすすめの観光スポットです。屋敷を見学することで、江戸時代の生活や文化を学ぶことができます。また、屋敷の庭で四季折々の花を楽しむこともできます。

国の重要文化財に指定された民家

国の重要文化財に指定された民家

「国の重要文化財に指定された民家」

旧藤田家住宅は、国の重要文化財に指定された民家です。1880年(明治13年)に建てられ、当時の大名や豪商の生活様式を偲ばせる貴重な建築物です。建物は木造平屋建て、茅葺き屋根で、間取りは中央に土間があり、その両側に居間や寝室が配置されています。また、土間の奥には台所があり、井戸や竈など当時の調理器具がそのまま残されています。旧藤田家住宅は、国の重要文化財に指定されているだけあって、その造りはとても立派です。木材はすべて上質な木材を使用し、細部まで丁寧に作られています。また、茅葺き屋根も丁寧に葺かれており、とても美しいです。

旧藤田家住宅の見どころは、なんといってもその広々とした土間です。土間は、広さ約20畳もあり、とても開放感があります。また、土間には囲炉裏があり、当時の生活の様子を偲ぶことができます。囲炉裏の周りには、農具や生活用品などが置かれており、とても懐かしい雰囲気です。

旧藤田家住宅は、国の重要文化財に指定された貴重な民家です。当時の大名や豪商の生活様式を偲ばせる貴重な建築物ですので、一度は訪れてみることをおすすめします。

「おもて」と「へんや」のユニークな構造

「おもて」と「へんや」のユニークな構造

「おもて」と「へんや」のユニークな構造

「旧藤田家住宅」は、江戸時代後期に建てられた商家で、国の重要文化財に指定されています。この住宅は、「おもて」と「へんや」という2つの部分から成り立っています。「おもて」は、通りに面した部分で、店舗や事務所として使われていました。「へんや」は、中庭を囲むように建てられた住居の部分です。

「おもて」と「へんや」は、別々の構造になっていて、それぞれに独立した屋根があります。そのため、「おもて」と「へんや」の間には、細い路地が通っています。この路地は、「ちゅうか」と呼ばれ、防火帯の役割を果たしていました。

「おもて」と「へんや」は、それぞれにユニークな構造をしています。「おもて」は、瓦葺きの切妻屋根で、正面には大きなガラス窓があります。ガラス窓は、当時の最先端の技術で作られており、とても貴重です。「へんや」は、茅葺きの寄棟屋根で、中は土間と畳敷きの部屋に分かれています。土間には、囲炉裏があり、そこで食事や洗濯をしていました。畳敷きの部屋は、寝室や応接間として使われていました。

「旧藤田家住宅」は、江戸時代後期の商家建築の貴重な例として、国の重要文化財に指定されています。この住宅は、木造建築の美しさや、日本の伝統的な生活様式を垣間見ることができる、貴重なスポットです。

タイトルとURLをコピーしました