神奈川県の屋内スキー場、スノーヴァ溝の口-R246の魅力

スポンサーリンク

神奈川県の屋内スキー場、スノーヴァ溝の口-R246の魅力

スノーヴァ溝の口-R246とは。

スノーヴァ溝の口-R246は、神奈川県川崎市高津区にあるレジャー施設で、1999年11月にオープンしました。屋内スキー場を備えているのが特徴です。

スノーヴァ溝の口-R246の施設紹介

スノーヴァ溝の口-R246の施設紹介

スノーヴァ溝の口-R246は、神奈川県川崎市にある屋内スキー場です。2020年12月にオープンし、首都圏初の本格的な屋内スキー場として注目を集めています。

施設内には、全長約120mのメインゲレンデをはじめ、スノボーパーク、キッズコーナー、レストラン、ショップなどがあります。ゲレンデは、人工雪を使用しており、常に一定のコンディションで滑走を楽しむことができます。また、スノボーパークには、キッカーやレール、ボックスなど、さまざまなアイテムが設置されており、スノーボーダーなら誰でも楽しめるようになっています。

キッズコーナーには、小さなお子様向けのゲレンデやソリ遊び場があり、家族連れでも安心して過ごすことができます。また、レストランでは、ゲレンデを眺めながら食事を楽しむことができます。ショップでは、スキーやスノボーの用具はもちろん、ウェアや小物なども販売しています。

スノーヴァ溝の口-R246は、首都圏で気軽にスキーやスノボーを楽しみたい方におすすめの施設です。アクセスも良く、車はもちろん、電車やバスでも行くことができます。

スノーヴァ溝の口-R246を利用するメリット

スノーヴァ溝の口-R246を利用するメリット

スノーヴァ溝の口-R246を利用するメリット

スノーヴァ溝の口-R246は、神奈川県川崎市にある屋内スキー場です。首都圏からアクセスしやすい立地で、ゲレンデの規模も広く、初心者から上級者まで楽しめるスキー場です。また、スノーボードやそり遊びなどのアクティビティも充実しており、家族連れやグループで楽しむことができます。

スノーヴァ溝の口-R246を利用するメリットは、以下のとおりです。

・首都圏からアクセスしやすい立地

スノーヴァ溝の口-R246は、東京都心から車で約1時間、横浜市中心部から車で約30分の場所にあります。東名高速道路溝の口インターチェンジからすぐなので、車でのアクセスが便利です。また、溝の口駅からは無料シャトルバスも運行しているので、電車でのアクセスも可能です。

・ゲレンデの規模が広い

スノーヴァ溝の口-R246のゲレンデ面積は約2万平方メートルで、首都圏の屋内スキー場としては最大級の規模を誇ります。初心者向けの緩やかなコースから、上級者向けの急斜面まで、幅広いコースが用意されています。また、スノーボードやそり遊び専用のエリアもあり、家族連れやグループで楽しむことができます。

・アクティビティが充実

スノーヴァ溝の口-R246では、スキーやスノーボード以外にも、そり遊びやスノーラフティングなどのアクティビティが充実しています。また、キッズエリアや託児所も完備されているので、家族連れでも安心して楽しむことができます。

・料金がリーズナブル

スノーヴァ溝の口-R246の料金は、平日1日券が4,200円、休日1日券が4,800円です。レンタル料は、スキー板とブーツのセットが1,500円、スノーボードとブーツのセットが1,800円です。また、学生割引やファミリー割引などの割引制度も用意されています。

スノーヴァ溝の口-R246へのアクセス方法

スノーヴァ溝の口-R246へのアクセス方法

スノーヴァ溝の口-R246へのアクセス方法

スノーヴァ溝の口-R246は、神奈川県川崎市にある屋内スキー場です。首都圏からアクセスしやすい立地で、車で、電車・バスのどちらでも行くことができます。

車で行く場合は、東名高速道路の溝の口ICから約2分、保土ヶ谷バイパスから約5分の距離にあります。駐車場は1,000台以上収容可能で、無料で利用できます。

電車・バスで行く場合は、東急田園都市線・大井町線・JR南武線の溝の口駅から徒歩約10分、またはJR南武線の武蔵溝ノ口駅から徒歩約15分の距離にあります。溝の口駅からスノーヴァ溝の口-R246行きの無料シャトルバスも運行しています。

スノーヴァ溝の口-R246は、年中無休で営業しています。営業時間や料金、アクセス方法などの詳細は、公式サイトでご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました