「石手寺」の魅力を徹底解剖!国宝の二王門や秘仏の薬師如来など見どころ満載

スポンサーリンク

「石手寺」の魅力を徹底解剖!国宝の二王門や秘仏の薬師如来など見どころ満載

石手寺とは。

愛媛県松山市にある石手寺は、真言宗豊山派の寺院です。山号は熊野山、院号は虚空蔵院。奈良時代に創建されたと伝えられています。古くは安養寺と呼ばれていました。本尊は薬師如来で、四国八十八ヶ所の第51番札所です。国宝の二王門をはじめ、数多くの文化財を有しています。

壮麗な二王門を間近で鑑賞「, 」秘仏の薬師如来に祈願する「, 」四国八十八ヶ所霊場巡りの拠点として

壮麗な二王門を間近で鑑賞「, 」秘仏の薬師如来に祈願する「, 」四国八十八ヶ所霊場巡りの拠点として

-壮麗な二王門を間近で鑑賞-

石手寺の二王門は、国宝に指定されており、日本最古の二重門として知られています。高さ約16メートル、幅約10メートルの大迫力に圧倒されること間違いなし。門の内部には、金剛力士像が安置されており、その迫力ある姿は一見の価値ありです。また、二王門の正面には、美しい石段が続いており、その石段を上ると、石手寺の本堂である薬師堂にたどり着きます。

-秘仏の薬師如来に祈願する-

石手寺の本堂である薬師堂には、秘仏の薬師如来が安置されています。薬師如来は、病気平癒や厄除けのご利益があるとされ、多くの人々の信仰を集めています。薬師如来は通常は秘仏として公開されていませんが、年に数回、特別公開されることがあります。特別公開の際には、薬師如来の美しい姿を拝むことができます。

-四国八十八ヶ所霊場巡りの拠点として-

石手寺は、四国八十八ヶ所霊場巡りの76番目の札所となっています。四国八十八ヶ所霊場巡りは、弘法大師が修業した霊場を巡るもので、多くの人々が巡礼しています。石手寺は、四国八十八ヶ所霊場巡りの拠点として、多くの巡礼者が訪れます。石手寺には、巡礼者向けの宿泊施設や食事処が整っており、巡礼者にとって便利な環境が整っています。

タイトルとURLをコピーしました