「富士通レディース」徹底解説!歴代優勝者や見どころなど

スポンサーリンク

「富士通レディース」徹底解説!歴代優勝者や見どころなど

富士通レディースとは。

富士通レディースは、日本女子プロゴルフ協会 (JLPGA) が主催する、女子プロゴルフの国内ツアー、JLPGAツアーの大会のひとつ。毎年、千葉県の東急セブンハンドレッドクラブなどで開催されています。

富士通レディースとは

富士通レディースとは

富士通レディースとは、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)公認の女子プロゴルフトーナメントである。富士通が主催し、毎年10月に開催されている。大会の正式名称は「富士通レディース」。大会は、1987年に「富士通レディース日本オープン」として第1回大会が開催され、翌1988年から現在の名称となった。

当初は、10月第2週に開催されていたが、2009年から10月第3週に変更された。2013年からは、茨城県笠間市の茨城ゴルフ倶楽部を会場として開催されている。大会の賞金総額は、1億円。優勝賞金は、2,000万円である。大会の出場資格は、LPGAのシード権を持つ選手、前年度大会の上位10位、前年度のチャレンジトーナメントの上位5位、主催者推薦選手などである。

大会の歴代優勝者には、上田桃子、古閑美保、横峯さくら、不動裕理、大山志保、成田美寿々、イ・ボミ、渋野日向子、畑岡奈紗など、日本女子プロゴルフ界を代表する選手が名を連ねている。大会の見どころは、茨城ゴルフ倶楽部の戦略的なコースレイアウトと、出場選手のハイレベルなプレーである。また、大会期間中には、さまざまなイベントや催しが開催され、多くのギャラリーで賑わう。

富士通レディースの歴史

富士通レディースの歴史

富士通レディースの歴史

富士通レディースは、1986年に創設された国内女子プロゴルフツアーの一戦です。大会名は、主催社である富士通株式会社に由来しています。当初は「富士通レディス」という名称で開催されていましたが、2002年に「富士通レディース」に改称されました。

富士通レディースは、国内女子プロゴルフツアーの中でも歴史の長い大会であり、毎年多くのギャラリーが訪れます。また、大会には毎年、世界ランキング上位の選手が出場しており、ハイレベルな戦いが繰り広げられます。

富士通レディースの歴代優勝者には、畑岡奈紗、渋野日向子、申ジエ、宮里藍など、国内外で活躍するトッププロが名を連ねています。また、大会では数々の名勝負が生まれており、2019年には畑岡奈紗がプレーオフで申ジエを下して優勝しました。

富士通レディースは、国内女子プロゴルフツアーの中でも特に人気のある大会の一つであり、毎年多くのギャラリーが訪れます。大会では、ハイレベルな戦いが繰り広げられ、数々の名勝負が生まれています。

富士通レディースの見どころ

富士通レディースの見どころ

富士通レディースの見どころ

富士通レディースは、女子プロゴルフトーナメントの中でも屈指の人気を誇る大会です。その理由は、美しいコース、豪華な賞金、そして出場する選手のレベルの高さにあります。

富士通レディースが行われる戸塚カントリークラブは、神奈川県横浜市にあります。1927年に開場した由緒あるコースで、自然豊かな丘陵地に広がっています。コースは全体的に狭く、ティショットの正確性が求められます。また、グリーンは速く、パッティングの技術も試されます。

富士通レディースの賞金総額は1億円を超えており、優勝賞金は2,000万円です。これは、女子プロゴルフトーナメントの中でも最高クラスの賞金額です。そのため、世界中からトップクラスの選手が集まります。

富士通レディースの出場選手は、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)のシード選手に加え、海外からの招待選手も数多く参加します。2023年の大会には、畑岡奈紗選手、渋野日向子選手、古江彩佳選手など、日本を代表する選手が出場しました。また、韓国のキム・ヒョージュ選手、アメリカのネリー・コルダ選手、オーストラリアのリディア・コ選手など、海外のトップ選手も出場しました。

富士通レディースは、毎年大いに盛り上がる大会です。美しいコース、豪華な賞金、そして出場する選手のレベルの高さは、多くのファンを魅了しています。

タイトルとURLをコピーしました