「JITリサイクルインクスタジアム」を知る

スポンサーリンク

「JITリサイクルインクスタジアム」を知る

山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場とは。

山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場は、山梨県甲府市にあるスポーツ施設です。1985年に開設され、Jリーグ「ヴァンフォーレ甲府」の本拠地として使用されています。施設命名権により、「山梨中銀スタジアム」(2011年~2021年)、「JITリサイクルインクスタジアム」(2021年~)という名称に変更されました。

施設の概要

施設の概要

「JITリサイクルインクスタジアム」は、東京都江戸川区にある野球場です。2003年4月5日に開場し、収容人数は約1万人です。

この野球場は、日本リサイクル工業会と東京ガスが共同で設立した「JITリサイクルインクスタジアム株式会社」によって建設されました。施設の命名権は、インクジェットプリンター用リサイクルインキの製造販売を行うJITグループが取得しています。

スタジアムは、両翼100m、中堅122mのフィールドを備え、人工芝と天然芝の混合グラウンドとなっています。また、スコアボードはフルカラーLED式で、観客席には屋根が設置されています。

「JITリサイクルインクスタジアム」は、読売ジャイアンツの二軍戦や、独立リーグであるベースボール・チャレンジ・リーグの試合などが開催されるほか、コンサートやイベントなどにも使用されています。

スタジアムの特徴として、環境に配慮した施設であることが挙げられます。太陽光発電システムや雨水利用システムが導入されており、年間約25トンの二酸化炭素排出量を削減しています。また、スタジアムの照明には、LEDライトが使用されており、従来の照明と比べて約50%の電力を節約しています。

ヴァンフォーレ甲府の本拠地

ヴァンフォーレ甲府の本拠地

ヴァンフォーレ甲府の本拠地

ヴァンフォーレ甲府は、山梨県甲府市をホームタウンとするJリーグクラブです。Jリーグ加盟当初からJ2リーグに所属していましたが、2005年にJ1リーグに昇格しました。2006年にはJリーグカップで準優勝を果たし、2010年には天皇杯で優勝しました。

ヴァンフォーレ甲府の本拠地は、山梨県甲府市にあるJITリサイクルインクスタジアムです。スタジアムは2001年に完成し、収容人数は17,000人です。スタジアムは芝生ピッチで、トラックはなく、サッカー専用スタジアムとなっています。

JITリサイクルインクスタジアムは、ヴァンフォーレ甲府のホームゲームだけでなく、日本代表の試合や国際試合にも使用されています。また、スタジアムにはJリーグミュージアムがあり、Jリーグの歴史や文化について学ぶことができます。

ヴァンフォーレ甲府のサポーターは、熱狂的で知られています。ホームゲームでは、スタジアムがサポーターのチャントで埋め尽くされます。ヴァンフォーレ甲府は、山梨県の誇りであり、地域に愛されています。

施設命名権の歴史

施設命名権の歴史

-施設命名権の歴史-

施設の命名権は、企業や団体が一定期間、スタジアム、アリーナ、劇場などの施設に名前を付ける権利を購入するもので、施設のオーナーや運営者がその対価として一定の収入を得ることができる。日本では1990年代後半から導入され始め、2000年代以降は急速に普及している。

施設命名権のメリットは、施設のオーナーや運営者にとっては、施設の維持管理費を軽減できることや、施設の知名度を高めることができることなどがあげられる。また、企業や団体にとっては、施設の名前を冠して広告効果を得ることができることや、施設の利用者に対して自社の認知度を高めることができることなどがあげられる。

施設命名権の導入にあたり、施設のオーナーや運営者は、施設の名称を変更するかどうか、施設の命名権料を設定するかどうか、施設の命名権を売却する期間を定めるかどうかなど、さまざまな検討を行う必要がある。また、企業や団体は、施設の命名権料の相場や、施設の利用者に対する自社の認知度の向上など、さまざまな要素を考慮して、施設の命名権を取得するかどうかを判断する必要がある。

施設命名権は、施設のオーナーや運営者と企業や団体にとって、双方にメリットのある制度である。今後も施設命名権は、日本でますます普及していくと考えられる。

タイトルとURLをコピーしました