「農村計画学会」を知っていますか?

スポンサーリンク

「農村計画学会」を知っていますか?

農村計画学会とは。

農村計画学会とは、日本の学術研究団体の一つです。英語名は「The Association of Rural Planning」、略称は「ARP」です。この学会は、豊かで美しい農村作りをめざして、研究者や技術者の交流を図っています。

「農村計画学会」とは

「農村計画学会」とは

「農村計画学会」とは

農村計画学会とは、農村の計画と開発を研究する学術団体です。1956年(昭和31年)に設立され、現在では約1,000名の会員を擁しています。会員は、農学、工学、経済学、社会学、地理学など、農村に関するさまざまな分野の研究者や実務者で構成されています。

農村計画学会の目的は、農村の計画と開発に関する研究を推進し、その成果を社会に還元することです。そのため、学会では毎年全国大会を開催し、研究発表やシンポジウムを行っています。また、学会誌「農村計画学会誌」を発行し、農村計画に関する研究論文を掲載しています。

農村計画学会の活動は、農村の持続可能な発展に貢献しています。学会の研究成果は、農村の計画や開発に携わる行政機関や民間企業に活用され、農村の生活環境の改善や産業振興に役立っています。また、学会の活動を通じて、農村計画に関する知識や情報を共有し、人材育成も行っています。

「農村計画学会」の目的

「農村計画学会」の目的

「農村計画学会」の目的

「農村計画学会」は、農村地域の計画・整備・保全に関する研究と実践を推進することを目的とする学会です。農村地域の持続可能な発展を図るために、農村計画に関連する調査研究、情報交換、学術講演会、研究会、講習会、研修会などの開催、出版物の発行などを行っています。また、農村計画に関する政策提言や、農村計画の実践に携わる人材の育成にも努めています。

農村計画学会は、農村計画に関する研究と実践の推進を図ることにより、農村地域の持続可能な発展に貢献することを目指しています。農村地域の計画・整備・保全に関する研究と実践の促進を図り、農村地域の発展に寄与することを目的としています。

農村計画学会は、農村地域の計画・整備・保全に関する研究と実践の推進を図ることにより、農村地域の持続可能な発展に貢献することを目指しています。農村地域の計画・整備・保全に関する研究と実践の促進を図り、農村地域の発展に寄与することを目的としています。

「農村計画学会」の活動

「農村計画学会」の活動

「農村計画学会」の活動

「農村計画学会」は、農村の持続可能な発展を目指して、農村計画に関する研究、教育、普及活動を行っています。主な活動としては、以下のようなものがあります。

* 学術研究会の開催農村計画に関する研究成果を発表し、議論する学術研究会を定期的に開催しています。
* 学術誌の発行農村計画に関する研究成果を掲載した学術誌「農村計画研究」を年2回発行しています。
* 講演会や研修会の開催農村計画に関する講演会や研修会を開催し、農村計画に関する知識や技術の普及を図っています。
* 調査研究の実施農村計画に関する調査研究を実施し、農村計画の基礎資料となるデータや情報を収集しています。
* 政策提言の実施農村計画に関する政策提言を行い、農村の持続可能な発展を推進しています。

「農村計画学会」は、農村の持続可能な発展を目指して、幅広い活動を行っています。今後も、農村計画に関する研究、教育、普及活動に努めていく予定です。

タイトルとURLをコピーしました