東山高等学校の歴史と概要

スポンサーリンク

東山高等学校の歴史と概要

東山高等学校とは。

東山高等学校は、京都府京都市にある私立高等学校です。その歴史は古く、1868年に京都知恩院内に学問所が設けられたことに始まります。その後、長い歴史を経て、1948年の学制改革に伴い、現在の校名となりました。

前身である知恩院学問所と設立の経緯

前身である知恩院学問所と設立の経緯

東山高等学校の歴史は、1711年(正徳元年)に創立された知恩院学問所にさかのぼります。知恩院は、浄土宗の総本山であり、学問所は、僧侶だけでなく、俗人も入学できる学校として開設されました。学問所の科目には、儒学、仏教、歴史、数学、医学などがあり、高い教育水準を誇っていました。

1870年(明治3年)に明治政府によって学問所は廃止され、新たに東京専門学校が設立されました。東京専門学校は、現在の東京大学の前身であり、東山高等学校は、その分校として発足しました。その後、1881年(明治14年)に東山高等学校は独立し、現在の校名となりました。

東山高等学校は、1920年(大正9年)に旧制中学、1948年(昭和23年)に新制高等学校に改組されました。現在では、普通科、理数科、文理科の3つの学科があり、約2000人の生徒が学んでいます。東山高等学校は、伝統と歴史のある学校として知られており、卒業生には、政治家、経済人、文化人など、各界で活躍する人材を輩出しています。

学制改革に伴う校名変更と学校体制の再編

学制改革に伴う校名変更と学校体制の再編

-学制改革に伴う校名変更と学校体制の再編-

1948(昭和23)年の学制改革に伴い、東山高等学校は校名を「東山高等学校」に変更し、学校体制を再編しました。それまでの旧制中学校は廃止され、新たに新制中学校と新制高等学校が設置されました。東山高等学校は、新制高等学校として発足し、男女共学となりました。

また、学制改革に伴い、東山高等学校のカリキュラムも変更されました。それまでの旧制中学校では、古典や漢文の授業が多かったのですが、新制高等学校では、数学や理科などの理系科目に重点が置かれるようになりました。これは、戦後の日本が経済復興を図るために、理系の知識を持った人材を育成する必要があったからです。

さらに、学制改革に伴い、東山高等学校の生徒募集制度も変更されました。それまでの旧制中学校では、入学試験はなかったのですが、新制高等学校では、入学試験が行われるようになりました。これは、学力の低下を防ぐために、生徒の学力を審査する必要があったからです。

学制改革に伴う校名変更と学校体制の再編は、東山高等学校の歴史において大きな転換点となりました。それまでの旧制中学校とは大きく異なる、新しい高等学校が誕生したのです。

学校教育目標や校風、教育方針

学校教育目標や校風、教育方針

-学校教育目標や校風、教育方針-

東山高等学校の教育理念は「社会に貢献する心豊かな人間を育成する」であり、この理念に基づいて、以下の教育目標を掲げています。

* 人権を尊重し、個人の尊厳を重んじる生徒を育成する。
* 主体的に学習し、課題を解決できる生徒を育成する。
* 勤労を重んじ、社会に貢献する生徒を育成する。
* 健康で安全な生活を送ることができる生徒を育成する。

学校は生徒の多様な個性を尊重し、一人ひとりの生徒が自分の可能性を最大限に発揮できるように、きめ細やかな指導・支援を実施しています。また、生徒たちの主体的な学習活動を支援するために、さまざまな教育活動を提供しています。

校風は明るく、活気に満ちており、生徒たちは互いに協力して学校生活を過ごしています。また、学校は地域社会との連携を重視しており、地域の人々との交流を通じて、生徒たちの社会貢献意識を高めています。

教育方針は生徒の自主性を尊重し、生徒が自ら学ぶ意欲を持つように導くことです。また、学校は生徒の学力向上に努め、生徒が大学や就職に成功できるように支援しています。

タイトルとURLをコピーしました