「ひみか」- 佐賀県で人気の地域キャラクター

スポンサーリンク

「ひみか」- 佐賀県で人気の地域キャラクター

ひみかとは。

ひみかは、佐賀県で活動する地域のキャラクターです。2000年にデビューし、吉野ヶ里歴史公園のマスコットとして制作されました。弥生時代の人々をモチーフにした男のキャラクターです。2001年に開園した同園の象徴的な存在となっています。

「ひみか」とは

「ひみか」とは

「ひみか」は、佐賀県で人気の地域キャラクターです。2011年に誕生し、以来、県内外で活躍しています。名前の由来は、佐賀県の県花である「ひまわり」と、県のマスコットキャラクターである「佐賀ん」からきています。

「ひみか」のビジュアルは、頭がひまわりの花、体が人間の女の子のような姿をしています。服装は、頭にはひまわり柄の帽子をかぶり、上半身はピンクのセーター、下半身は黄色のスカートを身に着けています。性格は、明るく元気で、いつも笑顔です。県民の皆さんから親しまれており、県内のイベントや観光キャンペーンなどで活躍しています。

「ひみか」の歴史

「ひみか」の歴史

「ひみか」の歴史

「ひみか」は佐賀県の地域キャラクターで、2010年に誕生しました。誕生のきっかけは、佐賀県で開催された「さが総文祭2010」のマスコットキャラクターを公募したことです。この公募に県内外の多くの人が応募し、その中から選ばれたのが「ひみか」でした。

「ひみか」の名前は、佐賀県の「ひ」と、佐賀県のシンボルである唐津の「み」、そして佐賀県の郷土料理である「いかの塩辛」から「か」を取って名付けられました。また、「ひみか」という名前は、佐賀県の古代史においても重要な役割を果たした卑弥呼に由来しています。

「ひみか」は誕生以来、佐賀県の様々なイベントに参加し、県民に親しまれてきました。また、「ひみか」は物産展や観光キャンペーンなど、佐賀県の魅力を全国に発信する役割も担っています。

「ひみか」は佐賀県の地域キャラクターとして、県民に愛され、そして県外の人々にも佐賀県の魅力を伝える役割を果たしてきました。これからも「ひみか」は佐賀県を盛り上げていくことでしょう。

「ひみか」の活動

「ひみか」の活動

「ひみかの活動」

ひみかちゃんは、佐賀県をPRするためのキャラクターとして、さまざまな活動を行っています。

その一つが、イベントへの参加です。ひみかちゃんは、佐賀県内外で開催されるイベントに積極的に参加し、県産品のPRやステージでのパフォーマンスを行っています。また、県外の観光地や企業を訪問する「ひみか旅」も行っています。

ひみかちゃんは、SNSを活用した情報発信も積極的です。公式Twitterやインスタグラムでは、日々の活動の様子や佐賀県の魅力を発信しています。また、YouTubeチャンネルを開設し、動画で佐賀県の魅力を紹介しています。

ひみかちゃんの活動は、佐賀県の知名度向上や観光客誘致に貢献しています。ひみかちゃんを通して、佐賀県の魅力を知ったという人も少なくありません。

ひみかちゃんの今後の活躍に期待です。

タイトルとURLをコピーしました