平塚湘南高校の歴史と特色

スポンサーリンク

平塚湘南高校の歴史と特色

神奈川県立平塚江南高等学校とは。

「神奈川県立平塚江南高等学校は、平塚市にある男女共学の県立高校です。もともとは1921年に神奈川県立平塚高等女学校として始まりましたが、1950年に男女共学となり、現在の校名になりました。」

平塚湘南高校の歴史

平塚湘南高校の歴史

平塚湘南高校の歴史は古く、1925年に平塚市立商業学校として創立されました。その後、1948年に平塚市立高等学校と改称し、1950年には平塚湘南高等学校となりました。平塚湘南高校は、地元に根ざした学校として、多くの生徒を輩出してきました。

平塚湘南高校の特色は、文武両道を掲げていることです。学業と部活動を両立させ、生徒の健全な成長を図っています。また、地域社会との連携にも力を入れており、さまざまな行事や活動を通じて、地域に貢献しています。

平塚湘南高校は、生徒一人ひとりの個性を尊重し、豊かな人間性を育むことを目指しています。そのため、きめ細やかな指導と、生徒一人ひとりに合わせた進路指導を行っています。平塚湘南高校は、生徒が自分の可能性を伸ばし、将来の夢に向かって羽ばたいていけるような学校です。

平塚湘南高校の特色

平塚湘南高校の特色

平塚湘南高校の特色

平塚湘南高校は、神奈川県平塚市にある公立高校です。1978年に開校し、2023年度には創立45周年を迎えます。生徒数は約1,000人で、普通科と情報科の2学科を設置しています。

平塚湘南高校の特色の一つは、国際交流に力を入れていることです。毎年、海外の姉妹校との交流が行われており、生徒たちは異文化に触れ合うことで視野を広げることができます。また、平塚湘南高校は、文部科学省の「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」に指定されており、グローバル人材の育成に力を入れています。

平塚湘南高校のもう一つの特色は、部活動が盛んなことです。運動部では、野球部、サッカー部、女子バスケットボール部が強豪として知られており、全国大会に出場したこともあります。文化部では、吹奏楽部、合唱部、演劇部が盛んに行われています。

平塚湘南高校は、国際交流や部活動に力を入れている進学校です。生徒たちは、学業や課外活動を通じて、大きく成長することができます。

平塚湘南高校のキャンパス

平塚湘南高校のキャンパス

平塚湘南高校のキャンパスは、神奈川県平塚市南中原に位置し、広大な敷地を有しています。校舎は、1963年に建設された本館をはじめ、1967年に建設された新館、1972年に建設された体育館、1983年に建設されたプールなど、複数の建物から構成されています。

本館は、校舎の中心となる建物で、1階には事務室や校長室、教職員室などの管理部門の他、図書館や保健室などの生徒支援部門があります。2階から4階には、普通教室や特別教室、理科室や音楽室などの専門教室があります。

新館は、本館の隣に位置し、1階には視聴覚室やコンピュータ室などの情報教育設備があります。2階と3階には、普通教室や特別教室があります。

体育館は、本館の東側に位置し、2階建ての建物となっています。1階には、体育館のメインアリーナや更衣室、シャワー室があります。2階には、トレーニングルームや武道場があります。

プールは、体育館の南側に位置し、25mプールと幼児用プールの2つのプールがあります。プールは、夏季限定で開放され、水泳の授業や部活動に使用されています。

平塚湘南高校のキャンパスは、緑豊かな自然に囲まれた環境にあり、生徒の学習や課外活動にとって最適な環境となっています。

タイトルとURLをコピーしました