荒城神社の歴史と魅力

スポンサーリンク

荒城神社の歴史と魅力

荒城神社とは。

岐阜県高山市に鎮座する荒城神社は、1390年に建立された本殿が国の重要文化財に指定されている古社です。

荒城神社とは?

荒城神社とは?

荒城神社とは?

荒城神社は、和歌山県高野町にある神社です。高野山の麓、高野山の麓、荒城山の山頂に鎮座しています。御祭神は、国の平和と五穀豊穣を祈願したとされる荒城大神です。平安時代の末期、1185年に南朝の皇統である後醍醐天皇が荒城大神を勧請して創建したと伝えられています。その後、荒城神社は、高野山真言宗の祈願所として、また、高野山への参拝道の分岐点として栄えました。荒城神社の本殿は、1643年に再建されたもので、国の重要文化財に指定されています。また、荒城神社の境内には、樹齢1000年を超える杉の大木が立ち並び、パワースポットとして人気を集めています。

荒城神社の見どころ

荒城神社の見どころ

-荒城神社の見どころ-

荒城神社は、神奈川県鎌倉市に鎮座する神社です。源頼朝が鎌倉幕府を開いた際に、築城した鎌倉城の跡地に建てられました。鎌倉城は、頼朝が亡くなった後、火災で焼失しましたが、その後、荒城神社として復興されました。

荒城神社の見どころは、本殿です。本殿は、鎌倉幕府の政庁であった大広間の跡地に建てられており、頼朝の像が安置されています。本殿は、国の重要文化財に指定されており、鎌倉時代の建築様式を伝える貴重な建造物です。

また、荒城神社には、頼朝の墓所もあります。墓所は、本殿の裏手にあり、頼朝の遺骨が納められています。墓所は、国の史跡に指定されており、鎌倉時代の歴史を伝える貴重な史跡です。

荒城神社は、頼朝にゆかりのある神社として知られており、多くの観光客が訪れます。神社の周辺には、鎌倉幕府の遺跡や史跡がたくさんあり、歴史散策を楽しむことができます。

荒城神社へのアクセス

荒城神社へのアクセス

-荒城神社へのアクセス-

荒城神社は、広島県安芸高田市にある神社です。JR芸備線の甲立駅から徒歩約15分、または中国自動車道広島北ICから車で約30分の場所にあります。

公共交通機関を利用する場合、JR芸備線の甲立駅から徒歩で向かうのが最も便利です。甲立駅からは、西へ徒歩約15分で神社に到着します。

車を利用する場合、中国自動車道広島北ICから約30分の場所にあります。ICを降りて国道183号線を北へ進み、高田原交差点を左折します。そのまま道なりに進み、右手に神社が見えてきます。

神社周辺には駐車場が整備されているので、車でのアクセスも便利です。ただし、駐車台数に限りがあるので、土日祝日は混雑することがあります。

タイトルとURLをコピーしました