「バタクラン」の歴史と現状

スポンサーリンク

「バタクラン」の歴史と現状

バタクランとは。

バタクランとは、フランスのパリ11区にある商業施設です。別名「バタクラン劇場」とも呼ばれています。19世紀に建てられた建物で、劇場や映画館などを経て、現在はライブハウスとして利用されています。2015年11月、パリ同時多発テロ事件の標的となり、コンサートの観客ら89名が殺害されました。

「バタクラン」の誕生と歴史

「バタクラン」の誕生と歴史

「バタクラン」の誕生と歴史

「バタクラン」は、1864年にフランスのパリにオープンしたミュージックホールです。当初は「フォリー・バタクラン」と呼ばれ、オペレッタやバレエ、演劇などを上演していました。1873年に「バタクラン」と改名され、1887年には大規模な改修が行われました。改装後は、オペレッタやバレエ、演劇に加えて、サーカスや映画も上映されるようになりました。

「バタクラン」は、19世紀後半から20世紀初頭にかけて、パリの娯楽の中心地として親しまれました。多くの著名なアーティストが「バタクラン」の舞台に立ち、その中には、シャルル・アズナブール、エディット・ピアフ、ジョルジュ・ブラッサンス、イブ・モンタンなどが含まれています。

しかし、1960年代に入ると、「バタクラン」は衰退し始めます。テレビの普及により、人々は自宅で娯楽を楽しむようになりました。また、パリの再開発が進み、「バタクラン」周辺の環境も変化しました。

1970年代に入ると、「バタクラン」は閉鎖される危機に瀕しました。しかし、市民運動により、「バタクラン」は救われました。1983年には政府の支援を受けて、大規模な改修が行われました。改修後は、オペレッタやバレエ、演劇に加えて、コンサートやイベントも開催されるようになりました。

「バタクラン」は、現在でもパリの娯楽の殿堂として親しまれています。毎年、多くの著名なアーティストが「バタクラン」の舞台に立ち、その中には、マドンナ、レディー・ガガ、ビヨンセなどが含まれています。

「バタクラン」とパリ同時多発テロ事件

「バタクラン」とパリ同時多発テロ事件

-「バタクラン」とパリ同時多発テロ事件-

2015年11月13日、フランスのパリで同時多発テロ事件が発生した。この事件は、イスラム過激派組織「ISIL」によるもので、130人以上が死亡し、数百人が負傷した。事件の標的となった場所の一つが、パリ11区にあるコンサートホール「バタクラン」である。

テロリストは、コンサート中にバタクランを襲撃し、観客を人質に取った。その後、テロリストは観客を銃撃し、手榴弾を投げつけ、多数の死傷者を出した。警察は、テロリストと銃撃戦を繰り広げ、最終的にテロリストを射殺した。

バタクランは、1864年にオープンした老舗のコンサートホールである。このホールは、1,500人を収容することができ、ロック、ポップ、ヒップホップなど、様々なジャンルのコンサートが行われてきた。バタクランは、パリの音楽シーンを代表する場所の一つであり、多くのアーティストがここで公演を行っている。

パリ同時多発テロ事件は、フランスに大きな衝撃を与えた。この事件を受けて、フランス政府はテロ対策を強化し、イスラム過激派組織の活動を監視・取り締まるための措置を講じた。また、バタクランでは、事件の犠牲者を追悼するためのコンサートやイベントが開催されている。

バタクランは、パリ同時多発テロ事件の記憶を留める場所であると同時に、音楽と文化の象徴でもある。このホールは、事件後も営業を続けており、今日も多くの観客でにぎわっている。

「バタクラン」の現在と今後

「バタクラン」の現在と今後

バタクラン劇場は近年、大規模な改修を行い、2016年に劇場として再開しました。改修された劇場は、最新の設備と音響システムを備え、様々なイベント、公演に使用されています。現在、バタクランは、音楽コンサートや演劇、ダンス公演など、幅広いジャンルのイベントを開催する人気の会場となっています。

また、バタクランは、2015年のパリ同時多発テロの標的となった場所でもあります。このテロで、コンサート中に130人以上が殺害されました。テロの後、バタクランは閉鎖され、改修工事が行われました。劇場は2016年に再開され、テロの犠牲者を追悼する記念碑が設置されました。

バタクランは、過去に多くの悲劇を経験してきましたが、現在では、再び活気を取り戻し、人々にエンターテイメントを提供する役割を果たしています。今後、バタクランは、パリの文化シーンにおいて重要な役割を果たし続けるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました