千葉県の動物園「市原ぞうの国」

スポンサーリンク

千葉県の動物園「市原ぞうの国」

市原ぞうの国とは。

市原ぞうの国は、千葉県市原市にある動物園です。1989年に開園しました。約3.5ヘクタールの敷地に、アジアゾウを中心に、キリンやカピバラ、シカなどの動物を飼育・展示しています。また、ゾウによるショーも開催しています。

アジアゾウを中心に様々な動物を飼育・展示

アジアゾウを中心に様々な動物を飼育・展示

千葉県の動物園「市原ぞうの国」は、動物とのふれあいを重視した動物園として知られています。中でもアジアゾウは、動物園のメインともいえる動物です。園内には、広々とした放飼場があり、アジアゾウたちが自由に動き回る様子を見ることができます。また、ゾウに乗車して園内を散策することもでき、ゾウの大きさや力強さを実感することができます。

アジアゾウ以外にも、市原ぞうの国には、様々な動物が飼育・展示されています。キリン、シマウマ、ライオン、トラ、ヒョウなど、動物園の定番の動物たちに加え、カピバラ、ミーアキャット、レッサーパンダなど、珍しい動物たちもたくさんいます。また、ニホンザルやニホンリスなどの日本の動物たちも飼育されており、日本の自然に触れることができます。

ゾウによるショーは圧巻!

ゾウによるショーは圧巻!

千葉県の動物園「市原ぞうの国」では、ゾウによるショーが圧巻です。ゾウたちは、飼育員さんの指示に従って、様々な芸を披露してくれます。

芸の内容は、ゾウによって異なりますが、ボールを蹴ったり、楽器を演奏したり、ダンスを踊ったりと、バラエティに富んでいます。また、ゾウたちは、とても賢く、飼育員さんの指示をすぐに理解してくれるので、ショーはスムーズに進みます。

ショーの目玉は、なんといってもゾウたちのダンスです。ゾウたちは、音楽に合わせて、軽やかにステップを踏んだり、大きな体を揺らしたりして、観客を魅了してくれます。

「市原ぞうの国」のゾウショーは、ゾウたちの可愛らしさや賢さ、そして、飼育員さんとの絆を垣間見ることができる、とても楽しいショーです。千葉県を訪れた際には、ぜひ「市原ぞうの国」を訪れて、ゾウショーを観覧してみてはいかがでしょうか。

アクセスも良好で、一日中楽しめるスポット

アクセスも良好で、一日中楽しめるスポット

千葉県の動物園「市原ぞうの国」は、アクセスも良好で、一日中楽しめるスポットです。JR内房線五井駅からバスで約20分、圏央道市原ICから車で約10分という好立地。広大な敷地には、像をはじめ、ライオン、トラ、キリン、シマウマなど約50種類、500頭以上の動物が生息しています。

園内は、ゾウのショーやふれあい体験ができる「ゾウの国」、ライオンやトラを間近で見ることができる「ネコ科の丘」、キリンやシマウマが放牧されている「サファリゾーン」など、様々なエリアに分かれています。また、飲食施設や土産物屋も充実しており、一日中楽しむことができます。

特に人気なのは、ゾウのショーです。ゾウたちが芸を披露したり、水しぶきをあげたりしながら観客を楽しませます。ふれあい体験では、ゾウの鼻に触れたり、餌をあげたりすることができます。また、サファリゾーンでは、車に乗って間近で動物を観察することができます。

市原ぞうの国は、家族連れやカップル、友達同士など、幅広い層に人気のある動物園です。動物たちとの触れ合いを楽しんだり、自然を満喫したり、一日中過ごすことができます。

タイトルとURLをコピーしました