来迎寺の重要文化財と歴史

スポンサーリンク

来迎寺の重要文化財と歴史

来迎寺とは。

来迎寺は、三重県松阪市の歴史ある天台真盛宗の寺院です。永正年間(1504年~1521年)に創建されたと伝えられており、長い歴史を持っています。江戸時代中期に再建された本殿は、その美しい建築様式から国の重要文化財に指定されています。

江戸時代中期の建築様式の国宝

江戸時代中期の建築様式の国宝

江戸時代中期の建築様式の国宝
来迎寺の本堂は、江戸時代中期に再建された国宝で、当時の建築様式をよく残しています。本堂は、入母屋造り、本瓦葺き、桁行七間、梁間五間、外周に縁側を巡らしており、壮麗な外観です。内部は、身舎と内陣に分かれており、身舎には本尊の阿弥陀如来像が安置されています。内陣は、須弥壇を設け、その上に厨子が安置されています。厨子の中には、阿弥陀如来像と観世音菩薩像、勢至菩薩像が祀られています。本堂は、江戸時代中期の建築様式の傑作であり、国の重要文化財に指定されています。

御本尊と境内にある建造物

御本尊と境内にある建造物

御本尊と境内にある建造物

来迎寺は、東京都板橋区にある法華経を信仰する真言宗豊山派の寺院で、763(天平宝字7)年に慈覚大師円仁によって創建されたとされています。来迎寺には、重要文化財に指定されている御本尊の「木造阿弥陀三尊坐像」があり、秘仏扱いですが、年に数回特別公開されています。

境内には、本堂の他にも重要文化財に指定されている、鎌倉時代建立の「銅鐘」や、1715(正徳5)年に建てられた「仁王門」があり、いずれも来迎寺の貴重な文化財となっています。また、境内には池があり、四季の移ろいを楽しむことができます。

来迎寺の所在地と歴史について

来迎寺の所在地と歴史について

来迎寺の所在地と歴史について

来迎寺は、大阪府泉北郡忠岡町にある浄土宗の寺院です。山号は慈眼山。本尊は阿弥陀如来。開山は聖徳太子。開基は推古天皇。平安時代初期の創建とされます。

来迎寺は、古くから「河内西国三十三ヶ所観音霊場」の第25番札所として知られ、多くの人々が参拝に訪れます。また、来迎寺には、重要文化財に指定されている「木造阿弥陀如来坐像」や「木造聖徳太子立像」など、貴重な文化財が数多く所蔵されています。

来迎寺は、長い歴史を持つ由緒ある寺院で、多くの見どころがあります。河内西国三十三ヶ所観音霊場の巡礼地として、また、重要文化財を所蔵する寺院として、ぜひ一度訪れてみてください。

タイトルとURLをコピーしました