「こどものくに」の魅力をたっぷり紹介

スポンサーリンク

「こどものくに」の魅力をたっぷり紹介

こどものくにとは。

「こどものくに」は、宮崎県宮崎市にあるレジャー施設で、1939年に開園しました。

「こどものくに」ってどんなところ?

「こどものくに」ってどんなところ?

「こどものくに」ってどんなところ?

「こどものくに」は、1965年に横浜市に開園した、子どもたちのための公園です。設立者は、横浜市出身で童謡詩人としても活躍した故・阪田寛夫氏。阪田氏が「子どもたちに童話の森で楽しく遊んでもらいたい」と発案し、建設されました。

「こどものくに」の敷地面積は約10万平方メートルで、園内には童話の舞台をモチーフにした様々な施設があります。例えば、「ヘンゼルとグレーテル」のお菓子の家、「ジャックと豆の木」の大きな豆の木、「赤ずきん」のおばあさんの家など、子どもたちが大好きな童話のシーンを再現した建物が多数あります。これらのおとぎ話の家は、おとぎ話をふりかえるきっかけにもなり、子どもたちが夢や希望をもつきっかけにもなるでしょう。

「こどものくに」のおすすめアトラクション

「こどものくに」のおすすめアトラクション

「こどものくに」のおすすめアトラクション

「こどものくに」には、子ども達が楽しめるアトラクションがたくさんありますが、その中から特におすすめしたいものをいくつかご紹介します。

まずは、ジェットコースター「コークスクリュー」です。これは、日本初のループコースターで、そのスピード感とスリリングさは大人でも十分に楽しめます。

次に、メリーゴーランド「オルガンメリー」です。これは、クラシックなメリーゴーランドで、美しいメロディを聴きながら優雅に回転することができます。

そして、観覧車「大観覧車」です。これは、高さ45メートルの観覧車で、園内を一望することができます。

また、遊園地定番の「メリーゴーランド」や「観覧車」のほかにも、遊園地が水族館の役割も果たし、アシカショーやイルカショーなどを行う施設も充実しており、子供も喜びいっぱい。

他にも、子供が大好きなアスレチック遊具や、砂場、ボールプールなど、さまざまなアトラクションがあります。一日中遊んでも飽きることがありません。

「こどものくに」へのアクセス方法

「こどものくに」へのアクセス方法

「こどものくに」へのアクセス方法

「こどものくに」へのアクセスは、電車とバスを利用するのが最も便利です。電車の場合、JR横須賀線「田浦駅」で下車し、駅から徒歩約20分。バスの場合、京急バス「こどものくに前」停留所で下車すれば、目の前が「こどものくに」です。車の場合、横浜横須賀道路「佐原IC」から約10分。駐車場は有料で、約300台収容可能です。アクセス方法については、公式サイトで詳しくご確認いただけます。

タイトルとURLをコピーしました