水資源・環境学会とは

スポンサーリンク

水資源・環境学会とは

水資源・環境学会とは。

水資源・環境学会は、水と環境に関する研究を行う日本の学術研究団体です。英文名は「Japanese Association for Water Resources and Environment」、略称は「JAWRE」です。

水資源・環境学会の歴史

水資源・環境学会の歴史

水資源・環境学会の歴史

水資源・環境学会は、1930年に発足した日本水利学会を前身としています。日本水利学会は、灌漑や治水に関する研究を目的とする学会であり、水資源の開発や利用に関する研究も次第に行うようになりました。その後、1960年代には、水質汚染や環境破壊などの問題が深刻化し、水資源の開発や利用だけでなく、水環境の保全に関する研究も重要視されるようになりました。そこで、1970年に日本水利学会は水資源・環境学会に改称し、水資源の開発や利用、水環境の保全に関する研究を総合的に行う学会として再出発しました。

水資源・環境学会は、1970年の発足以来、水資源や水環境に関する研究を推進し、その成果を社会に還元してきました。学会の主な活動としては、学術講演会や研究発表会の開催、学術誌の発行、書籍の出版などがあります。また、学会では、水資源や水環境に関する調査や研究も行っています。水資源・環境学会は、水資源や水環境に関する研究を推進し、その成果を社会に還元することで、水資源の持続可能な開発や水環境の保全に貢献しています。

水資源・環境学会の活動内容

水資源・環境学会の活動内容

水資源・環境学会は、水資源の保全と環境保護を目的とした学会です。1954年に設立され、水資源の開発、利用、保全に関する研究、調査、普及啓発活動を行っています。また、水資源の開発に伴う環境影響評価、水資源管理に関する政策提言なども行っています。

水資源・環境学会の活動内容は、主に以下のとおりです。

1. 研究会、シンポジウム、講演会の開催
2. 学術雑誌「水資源・環境」の発行
3. 水資源管理に関する政策提言
4. 水資源の開発に伴う環境影響評価
5. 水資源に関する国際協力

水資源・環境学会は、水資源の保全と環境保護を目的とした学会です。学会の活動内容は、主に研究会やシンポジウム、講演会の開催、学術雑誌の発行、政策提言、環境影響評価、国際協力などです。水資源・環境学会は、水資源の保全と環境保護に貢献している重要な学会です。

水資源・環境学会への入会方法

水資源・環境学会への入会方法

水資源・環境学会への入会方法

水資源・環境学会への入会を希望される方は、学会ウェブサイトに掲載されている入会申込書をダウンロードし、必要事項を記入の上、学会事務局までお送りください。入会金は3,000円、年会費は8,000円です。入会金と年会費は、入会時にまとめて納入していただきます。

水資源・環境学会への入会資格は、以下の通りです。

1. 水資源・環境に関する研究、教育、实践に従事している個人。
2. 水資源・環境に関する研究、教育、実践に理解があり、学会の趣旨に賛同できる個人。
3. 水資源・環境に関する研究、教育、実践に貢献したい個人。

水資源・環境学会への入会を希望される方は、上記の入会資格を満たしていることを確認の上、入会申込書を提出してください。

水資源・環境学会への入会が承認されると、学会員証が発行されます。学会員証は、学会の各種イベントや講演会への参加時に必要になります。また、学会員は、学会の機関誌である「水資源・環境学会誌」を購読することができます。

タイトルとURLをコピーしました