明治神宮野球場 東京ヤクルトスワローズの本拠地

スポンサーリンク

明治神宮野球場 東京ヤクルトスワローズの本拠地

明治神宮野球場とは。

明治神宮野球場は、東京のスポーツ施設であり、1926年に開場しました。国立霞ヶ丘競技場内にあり、プロ野球チーム「東京ヤクルトスワローズ」の本拠地です。

明治神宮野球場の歴史

明治神宮野球場の歴史

明治神宮野球場は、東京都新宿区に位置する野球場です。プロ野球・東京ヤクルトスワローズの本拠地であり、1926年(大正15年)に開場しました。1964年(昭和39年)には東京オリンピックの野球競技が開催され、1978年(昭和53年)には第1回世界野球選手権大会が開催されました。また、1986年(昭和61年)には全国高等学校野球選手権大会の決勝戦が開催されました。

明治神宮野球場は、総工費約1億円をかけて建設され、当時は東洋一の野球場といわれていました。開場当初の収容人員は約3万3000人でしたが、1951年(昭和26年)に約4万6000人に増築されました。その後、1978年(昭和53年)に約5万5000人に増築され、現在の収容人員は約5万6000人となっています。

明治神宮野球場は、プロ野球の試合だけでなく、学生野球の試合や社会人野球の試合も開催されています。また、コンサートやイベントなども開催されることがあります。明治神宮野球場は、東京都民に親しまれている野球場です。

明治神宮野球場の施設

明治神宮野球場の施設

明治神宮野球場の施設は、野球場本体の他、外野席のコンコースに設けられた飲食店舗、そして神宮第二球場の3つで構成されています。

飲食店舗は、神宮球場グルメとして知られており、様々なジャンルの料理が販売されています。定番のやきとり、焼きそば、たこ焼きから、球場ならではのグルメまで、どれを食べようか迷ってしまうほどです。

神宮第二球場は、明治神宮野球場のすぐ隣に位置する野球場で、主に高校野球や大学野球の試合が行われています。また、プロ野球のイースタン・リーグの試合もここで行われます。神宮第二球場は、明治神宮野球場の本拠地である東京ヤクルトスワローズの二軍の本拠地でもあります。

明治神宮野球場は、東京を代表する野球場で、多くのファンに愛されています。球場の雰囲気は抜群で、野球観戦には最適です。また、神宮球場グルメも人気が高く、試合観戦と合わせて楽しむことができます。

明治神宮野球場のアクセス

明治神宮野球場のアクセス

明治神宮野球場は、東京ヤクルトスワローズの本拠地として知られる野球場です。1926年に開場し、2020年に90周年を迎えました。明治神宮外苑に位置しており、神宮球場とも呼ばれています。

明治神宮野球場へのアクセスは、電車とバスのどちらかを利用することができます。電車の場合は、JR中央線の原宿駅または代々木駅から徒歩10分ほどで、また、都営地下鉄大江戸線の国立競技場駅から徒歩5分ほどです。バスの場合は、渋谷駅または新宿駅などから出ているバスに乗車し、明治神宮前停留所または神宮球場前停留所で下車します。

明治神宮野球場は、プロ野球の試合だけでなく、大学野球や社会人野球の試合、各種イベントなどにも利用されています。収容人数は約35,000人で、野球観戦にはぴったりの球場です。また、明治神宮野球場には、野球博物館があり、野球の歴史や名選手の紹介などが展示されています。

タイトルとURLをコピーしました