北九州市響灘緑地 魅力を徹底解説!

スポンサーリンク

北九州市響灘緑地 魅力を徹底解説!

北九州市響灘緑地とは。

北九州市響灘緑地は、福岡県北九州市若松区にある都市公園です。日本の都市公園100選に選ばれ、通称「グリーンパーク」とも呼ばれています。

響灘緑地の概要と歴史

響灘緑地の概要と歴史

響灘緑地の概要

響灘緑地は、福岡県北九州市若松区にある、面積約90ヘクタールの広大な公園です。
玄界灘に面した、自然豊かな景勝地で、1988年(昭和63年)に開園しました。
響灘緑地は、公園内の各エリアごとに異なる特徴を持っています。

響灘緑地の歴史

響灘緑地は、もともと、若松市(現・北九州市若松区)が1960年代に、工場誘致や住宅開発などの産業振興を目的として造成した工業用地でした。
しかし、1970年代以降、産業構造の変化に伴い、工業用地としての需要が低下したため、若松市は工業用地の転用を検討することになりました。
そして、1980年代に若松市は、工業用地を緑地公園として転用することを決定し、1988年(昭和63年)に響灘緑地が開園しました。

響灘緑地は、開園以来、市民の憩いの場として親しまれており、年間約100万人が訪れています。
公園内には、様々な施設があり、家族連れやカップル、グループなど、幅広い年代の人々が楽しむことができます。

響灘緑地の魅力と見どころ

響灘緑地の魅力と見どころ

響灘緑地の魅力と見どころ

響灘緑地は、福岡県北九州市にある広大な公園です。響灘に面した風光明媚な場所で、四季折々の花々や樹木を楽しむことができます。また、遊具や広場、テニスコートなどの施設が充実しているので、家族連れやカップルで一日を過ごすことができます。

響灘緑地は、広大な敷地内に様々な施設が整備されています。メインの広場の他、遊具やアスレチックが設置された子どもの広場、テニスコートやサッカー場などのスポーツ施設、バーベキュー広場などがあります。また、園内には約1,000本の桜が植えられており、春になるとお花見を楽しむことができます。

響灘緑地は、豊かな自然と美しい景観を誇る公園です。響灘に面した園内からは、晴れた日には遠くまで海を眺めることができます。また、園内には様々な樹木や花が植えられており、四季折々の花々を楽しむことができます。特に、春には桜、夏にはアジサイ、秋には紅葉、冬には椿と、一年を通して花を楽しむことができます。

響灘緑地は、家族連れやカップルで一日を過ごすのに最適な公園です。広大な敷地内には、遊具や広場、テニスコートなどの施設が充実しているので、子供から大人まで楽しむことができます。また、園内にはバーベキュー広場もあるので、家族や友人とバーベキューを楽しむこともできます。

響灘緑地のアクセスと周辺情報

響灘緑地のアクセスと周辺情報

響灘緑地のアクセスと周辺情報

響灘緑地は、福岡県北九州市にある公園です。広さは約100ヘクタールで、園内には芝生広場、花畑、遊園地、展望台などがあります。

響灘緑地へのアクセスは、車の場合、九州自動車道小倉南インターチェンジから約10分です。公共交通機関を利用する場合は、JR日豊本線東小倉駅から徒歩約15分です。

響灘緑地の周辺には、北九州市響灘アリーナや北九州市響灘市場、響灘緑地キャンプ場などがあります。また、響灘緑地から車で約10分の場所には、北九州市立総合体育館があります。

タイトルとURLをコピーしました