広島の京橋:被爆に耐えた装飾的橋梁

スポンサーリンク

広島の京橋:被爆に耐えた装飾的橋梁

京橋とは。

京橋は、広島県広島市中区を流れる京橋川にかかる桁橋です。1927年に竣工し、現存する被爆橋梁の中では、爆心地に最も近い橋です。2011年、「被爆に耐えた装飾的橋梁」のひとつとして土木学会により土木遺産に認定されました。

京橋の歴史と特徴

京橋の歴史と特徴

京橋の歴史と特徴

京橋は、広島市の中心部を流れる元安川に架かる、アーチ型の橋。1912年に建造され、被爆に耐えた建造物として残されている。橋のライトのデザインなど、橋には精巧な装飾がされており、広島のランドマークとして観光客に人気だ。広島の平和記念公園からも近く、平和を祈念する観光客の姿も多い。

京橋が建設された当時は、広島市が急速に発展を遂げていた時代。市内には多くの橋が架けられ、その中で京橋は最も美しい橋と称されていた。橋の設計には、当時日本を代表する建築家の一人である妻木頼黄が携わった。妻木は、西洋の建築様式を取り入れたデザインで、京橋をより華やかに仕上げた。

京橋のアーチ部分は、石積みで組まれている。アーチの頂点には、装飾が施された金属製の橋台が設置されている。橋の欄干には、鉄製の装飾が施されており、橋全体に華やかさを添えている。

京橋は、1945年に広島市に原爆が投下されたときにも、被爆に耐えた。爆心地から約1.5kmの場所に位置していたにもかかわらず、橋はほとんど損傷を受けなかった。これは、橋の構造が頑丈であったためとされている。

現在、京橋は歩行者専用の橋として整備されている。橋のライトは、夜になると点灯され、美しい夜景を楽しむことができる。また、橋の上からは、元安川を眺めることもできる。

原爆投下後の京橋

原爆投下後の京橋

原爆投下後の京橋

原爆の衝撃波により、京橋は大きな被害を受けました。橋梁上部構造は完全に破壊され、橋脚も損傷しました。しかし、橋脚は倒壊を免れ、橋梁は原形を留めていました。原爆投下後、京橋はすぐに復旧作業が開始されました。1946年、橋梁上部構造が再建され、1949年には橋脚の補修が完了しました。京橋は、原爆投下後の広島の復興のシンボルとして、今日もなお多くの人々に親しまれています。

京橋は、原爆投下後の広島の復興のシンボルとして、今日もなお多くの人々に親しまれています。また、京橋は、原爆の被害を伝える貴重な史跡でもあります。原爆ドームとともに、京橋は原爆投下後の広島の惨状を伝える貴重な史跡です。毎年、多くの人が京橋を訪れ、原爆の犠牲者を追悼しています。

京橋の保存と活用

京橋の保存と活用

京橋の保存と活用

京橋は、被爆にも耐え、当時の姿を残す貴重な橋梁として、その保存と活用が求められています。近年では、京橋をライトアップするなど、夜の景観を演出する取り組みも行われています。また、京橋周辺には、原爆ドームや広島平和記念公園など、多くの観光スポットがあり、観光客も多く訪れるようになりました。京橋は、広島の復興のシンボルとして、今後も大切に保存・活用されていくものと思われます。

京橋は、広島の復興のシンボルであり、被爆の惨禍を伝える貴重な遺産です。その保存と活用は、広島の平和への願いを伝えるためにも重要です。京橋は、これからも広島の歴史を語り継ぐ貴重な橋梁として、大切に保存・活用されていくことでしょう。

タイトルとURLをコピーしました