愛別ダムについて知る

スポンサーリンク

愛別ダムについて知る

愛別ダムとは。

愛別ダムは、北海道上川郡愛別町のほぼ中央にある、石狩川水系狩布川に建設された多目的ダムです。堤高は39メートルで、1986年に完成しました。

愛別ダムの基本情報

愛別ダムの基本情報

愛別ダムの基本情報

愛別ダムの概要
北海道の空知川流域に建設された多目的ダムである。
2017年に完成し、高さ119.2m、幅496m、総貯水量約3億立方メートルを誇る。
全国のダムの中で、堤体積で12番目に大きい。

愛別ダムの目的
愛別ダムは、洪水調節、利水、発電の3つの目的を有している。
洪水調節では、空知川流域の洪水を貯留し、下流域の安全を守る役割を果たしている。
利水では、空知川流域の工業用水道や農業用水として利用するために、水を供給している。
発電では、ダムの水を利用して水力発電を行い、電気を供給している。

愛別ダムの管理
愛別ダムは、北海道開発局が管理している。
北海道開発局は、ダムの維持管理や、洪水調節や利水、発電などのダムの運用を行っている。
また、ダムの安全性確保のために、定期的に点検や補修を行っている。

愛別ダム周辺の観光スポット
愛別ダム周辺には、ダムを望むことのできる公園や展望台がある。
また、ダムの建設の歴史を学ぶことができる資料館もある。
ダム周辺には、豊かな自然が広がっており、ハイキングやキャンプを楽しむことができる。

愛別ダムの役割

愛別ダムの役割

-愛別ダムの役割-

愛別ダムの主な役割は、利水と治水です。利水とは、ダムから取水して、農業や工業、日常生活などのために利用することです。治水とは、ダムによって洪水を防止することです。

愛別ダムは、石狩川の上流に位置しており、石狩川の水を貯めています。石狩川は、北海道最大の河川で、北海道の約3分の1を流れています。石狩川は、上流と中流では急流ですが、下流では緩やかな流れになります。石狩川は、水力発電や農業、工業、日常生活など、さまざまな用途に使用されています。しかし、石狩川は、洪水が発生しやすく、過去には大きな被害をもたらしています。

愛別ダムは、石狩川の水を貯めて、洪水を防止しています。また、愛別ダムからは、農業や工業、日常生活のために取水されています。愛別ダムは、石狩川流域の発展に欠かせない施設です。

愛別ダムの役割は、利水と治水以外にもあります。愛別ダムは、観光地としても人気があります。ダムの周辺には、公園やキャンプ場があり、多くの観光客が訪れます。また、愛別ダムは、貴重な動植物の生息地でもあります。

愛別ダムの観光スポット

愛別ダムの観光スポット

愛別ダムの観光スポット

愛別ダムは、北海道雨竜郡愛別町にあるダムです。石狩川水系石狩本流に建設された多目的ダムで、洪水調節、不特定利水、上水道補給、発電の役割を担っています。ダムの高さは137.5m、堤頂長は956m、総貯水量は5億5,400万m3です。

愛別ダムは、その雄大なスケールと美しい景観で、多くの観光客が訪れる人気スポットとなっています。ダムの堤体近くまで行くことができ、迫力満点の放流を見学することができます。また、ダムの周辺には、公園や遊歩道が整備されており、散策を楽しむことができます。

愛別ダムの観光スポットとしては、以下のものが挙げられます。

・ダム堤体高さ137.5m、堤頂長956mのダム堤体。その雄大なスケールと美しい景観は必見です。

・放流ダムの水を放流する際に、迫力満点の光景を見ることができます。放流の時期は、毎年4月~11月の間です。

・公園・遊歩道ダムの周辺には、公園や遊歩道が整備されています。散策を楽しむことができます。

・愛別ダム資料館ダムの歴史や建設の様子を紹介する資料館です。ダムの仕組みや役割について学ぶことができます。

・キャンプ場ダムの周辺には、キャンプ場があります。大自然の中でキャンプを楽しむことができます。

愛別ダムは、観光スポットとしても魅力的な場所です。雄大なスケールと美しい景観を堪能することができます。また、ダムの役割や仕組みについて学ぶこともできます。愛別町を訪れた際には、ぜひ愛別ダムを訪れてみてください。

タイトルとURLをコピーしました