名鉄百貨店本店について

スポンサーリンク

名鉄百貨店本店について

名鉄百貨店本店とは。

愛知県名古屋市中村区にある名鉄百貨店本店は、1954年にオープンした百貨店です。

名鉄百貨店本店の歴史

名鉄百貨店本店の歴史

-名鉄百貨店本店の歴史-

名鉄百貨店本店は、愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番4号にある百貨店である。1930年(昭和5年)に開業し、現在では名鉄百貨店の中核店舗となっている。

名鉄百貨店本店は、名古屋鉄道の前身である名古屋電気鉄道が経営する名古屋駅前に建設された。当初は「名古屋電気鉄道百貨店」という名称だったが、1935年(昭和10年)に「名鉄百貨店」に改称された。

名鉄百貨店本店は、開業以来、名古屋の商業の中心地として栄えてきた。しかし、1960年代後半に名古屋市郊外に郊外型ショッピングセンターが建設されると、名鉄百貨店本店は苦戦を強いられた。

1970年代に入ると、名鉄百貨店本店は改装を行い、売場面積を拡張した。また、1980年代には、名鉄百貨店本店の隣に「名鉄百貨店新館」が建設された。名鉄百貨店本店は、改装と新館の建設により、集客力を回復した。

1990年代に入ると、名鉄百貨店本店は再び改装を行い、売場面積をさらに拡張した。また、この改装により、名鉄百貨店本店はバリアフリー化された。

2000年代に入ると、名鉄百貨店本店は集客力の低下に悩まされるようになった。2008年(平成20年)には、名鉄百貨店本店は閉店するとの報道もあったが、その後、閉店は撤回された。

2010年代に入ると、名鉄百貨店本店は再び改装を行い、売場面積を縮小した。また、この改装により、名鉄百貨店本店は外装をリニューアルした。

2020年(令和2年)現在、名鉄百貨店本店は、名古屋の商業の中心地として営業を続けている。

名鉄百貨店本店の売り場

名鉄百貨店本店の売り場

-名鉄百貨店本店の売り場-

名鉄百貨店本店は、愛知県名古屋市中村区にある百貨店です。1935年(昭和10年)に開業し、名古屋市で最も古い百貨店の一つです。名鉄百貨店本店の売り場は、地下1階から8階まであり、約1000のテナントが入居しています。

地下1階は食品売り場で、生鮮食品から加工食品まで幅広い商品を取り扱っています。また、地下1階には、レストランやカフェも入居しています。1階は化粧品売り場で、国内外のブランドコスメを扱う店舗が並んでいます。2階は婦人服売り場で、百貨店ならではの高級ブランドから、カジュアルなブランドまで幅広く取り扱っています。

3階は紳士服売り場で、スーツやシャツなどのビジネスアイテムから、カジュアルファッションまで幅広く取り扱っています。4階は子供服売り場で、子供服やベビー用品を扱う店舗が並んでいます。5階は住まいと暮らしの売り場で、家具や家電、インテリア用品などを扱う店舗が並んでいます。

6階はレストランフロアで、和食、洋食、中華など様々なジャンルのレストランが入居しています。7階は催事場となっていて、様々なイベントや催しが開催されています。8階は屋上庭園で、名古屋市街を一望することができます。

名鉄百貨店本店は、名古屋市で最も古い百貨店の一つであり、幅広い商品を取り扱っているため、名古屋市民に親しまれています。また、名鉄百貨店本店は、名古屋駅から徒歩圏内にあるため、アクセスも良好です。

名鉄百貨店本店のアクセス

名鉄百貨店本店のアクセス

-# 名鉄百貨店本店のアクセス

名鉄百貨店本店は、愛知県名古屋市中村区名駅一丁目に立地する百貨店です。最寄駅は、名鉄名古屋本線・名古屋本線の名鉄名古屋駅で、徒歩1分のところにあります。また、地下鉄東山線の栄駅からも徒歩5分ほどでアクセス可能です。名古屋駅周辺は、オフィスビルや商業施設が集積するビジネス街であり、名鉄百貨店本店は、ビジネスマンや観光客で賑わっています。

名鉄百貨店本店は、本館と新館の2つの建物で構成されており、総店舗面積は、約6万5千平方メートルです。本館は、1937年(昭和12年)に開業した歴史ある建物で、国の登録有形文化財にも指定されています。新館は、1973年(昭和48年)に開業し、本館と一体感のあるデザインとなっています。

名鉄百貨店本店には、約200の店舗が入居しており、ファッション、化粧品、雑貨、食品など、さまざまな商品を取り扱っています。また、レストランやカフェも充実しており、買い物や食事を楽しむことができます。

名鉄百貨店本店は、名古屋駅周辺を代表するショッピングスポットであり、多くの買い物客でにぎわっています。アクセスも良好なため、名古屋を訪れた際には、ぜひ立ち寄りたい場所です。

タイトルとURLをコピーしました