秋田県民会館の思い出

スポンサーリンク

秋田県民会館の思い出

秋田県民会館とは。

秋田県民会館とは、秋田県秋田市に存在した多目的ホールのことです。1961年に開館し、2018年5月に閉館しました。

秋田県民会館の歴史

秋田県民会館の歴史

秋田県民会館の歴史

秋田県民会館は、秋田県秋田市の千秋公園内にあった多目的ホールです。1961年(昭和36年)に開館し、2014年(平成26年)に閉館するまで、様々なイベントや公演が行われていました。

秋田県民会館は、県民の文化向上と娯楽の提供を目的として建設されました。総工費は約3億円(現在の価値で約10億円)で、総面積は約10,000平方メートルでした。

秋田県民会館は、大ホール、小ホール、展示室、会議室などがあり、最大で約2,000人を収容できました。大ホールでは、コンサート、演劇、講演会など様々なイベントが行われていました。小ホールでは、映画上映会や各種発表会など、幅広い用途で使用されていました。展示室では、美術展や工芸展など、様々な展示会が行われていました。会議室では、会議や研修会など、ビジネスにも利用されていました。

秋田県民会館は、県民に親しまれた建物であり、多くの思い出が詰まっています。しかし、老朽化が進み、耐震性の問題も指摘されていたため、2014年(平成26年)に閉館することになりました。現在は解体され、跡地には新たな施設が建設される予定です。

秋田県民会館の思い出

秋田県民会館の思い出

秋田県民会館の思い出

秋田県民会館は、1969年に秋田市に開館した多目的ホールである。収容人数は2,000人で、コンサートや演劇、講演会などさまざまなイベントに使用されてきた。近年は老朽化が進み、2024年に閉館することが決まっている。

秋田県民会館には、多くの思い出がある。私は、子供の頃、家族で何度もコンサートや演劇を見に行った。特に印象に残っているのは、小学生のときに見たミュージカル「アニー」である。アニーという孤児の女の子が、富豪のオリバー・ウォーバックス氏に引き取られ、幸せになっていくという物語である。私は、アニーのたくましさに感動し、何度も涙を流した。

また、大学生のときには、秋田県民会館でアルバイトをしていた。主に、コンサートや演劇のチケット販売を担当していた。当時は、インターネットでチケットを購入することができなかったので、チケットを買うために、多くの人が秋田県民会館に足を運んでいた。私は、そんな人々と接する中で、秋田県民会館が地域の人々に愛されていることを実感した。

秋田県民会館は、私の青春の思い出がたくさん詰まった場所である。閉館してしまうのは残念だが、新しいホールができて、また多くの人々に愛される場所になることを願っている。

秋田県民会館の閉館

秋田県民会館の閉館

秋田県民会館の閉館

2023年3月31日、秋田県民会館が閉館しました。秋田市中心部に位置する、秋田県民の憩いの場でした。秋田県民会館は、1963年に開館し、県民文化の振興を担う施設として親しまれてきました。しかし、老朽化が進み、耐震補強が必要となったことから、閉館が決定しました。

閉館セレモニーには、県民や関係者など約100人が参加しました。式辞で、佐竹敬久知事は「長年にわたり、県民の文化生活を支えてきた県民会館に感謝の気持ちを表したいと思います。閉館は残念ですが、県民会館の思い出を胸に、新しい文化施設の建設に向けて努力していきます」と述べました。

閉館後、県民会館の跡地には、新文化施設が建設される予定です。新文化施設は、県民会館の機能を継承するとともに、最新の設備を備えた施設として整備されます。新文化施設は、2026年度の完成を目指しています。

タイトルとURLをコピーしました