懐かしの三交百貨店 松阪店

スポンサーリンク

懐かしの三交百貨店 松阪店

三交百貨店 松阪店とは。

三交百貨店 松阪店は、1977年に三重県松阪市にオープンした百貨店でしたが、2006年に閉店しました。

三交百貨店 松阪店の歴史

三交百貨店 松阪店の歴史

三交百貨店 松阪店の歴史

三交百貨店 松阪店は、三重県松阪市に所在する、かつて存在していた百貨店である。1933年(昭和8年)に松阪セントラルマーケットとして開業し、1964年(昭和39年)に三交百貨店 松阪店に改称した。

三交百貨店 松阪店は、松阪市の中心市街地に位置し、松阪市民や周辺地域の住民に親しまれてきた。しかし、近年は郊外型ショッピングセンターの台頭などにより、売り上げが低迷した。

2008年(平成20年)には、経営悪化のため三交百貨店 松阪店は閉店することになった。閉店直前のセールには、多くの市民が駆けつけ、閉店を惜しんだ。

三交百貨店 松阪店の跡地は、現在は空地となっている。跡地の活用については、松阪市が検討を進めているが、まだ具体的な計画は決まっていない。

三交百貨店 松阪店での思い出

三交百貨店 松阪店での思い出

三交百貨店 松阪店での思い出

松阪市の中心部にあった三交百貨店 松阪店は、1973年に開業し、2010年に閉店した。約37年間にわたって、松阪市民に愛され続けた百貨店であった。

三交百貨店 松阪店には、衣料品、雑貨、食料品など、様々な商品が揃っていた。また、レストランや映画館、ゲームコーナーなどもあり、家族連れで楽しめるスポットとして人気であった。

私は、子供の頃によく三交百貨店 松阪店に連れて行ってもらった。特に、デパ地下の「森のコーヒー」で食べるソフトクリームが大好きだった。また、屋上のゲームコーナーでゲームをしたり、映画館で映画を見たりしたことも良い思い出である。

三交百貨店 松阪店は、松阪市民にとって、なくてはならない存在であった。しかし、時代の流れとともに、その役割を終えた。今はもう、三交百貨店 松阪店はないが、松阪市民の心の中には、三交百貨店 松阪店での思い出が色濃く残っている。

三交百貨店 松阪店の閉店

三交百貨店 松阪店の閉店

松阪市の老舗デパート、三交百貨店 松阪店が、2023年8月27日をもって閉店することが決まった。同店は、1964年に松阪市の中心市街地に開店し、長年市民に親しまれてきた。しかし、近年は郊外型ショッピングセンターの台頭や新型コロナウイルスの影響で売り上げが低迷し、閉店を決断したという。

松阪店は、地下1階から地上5階建ての建物で、売り場面積は約1万3000平方メートル。衣料品や雑貨、食品など幅広い商品を取り扱っていた。また、レストランや映画館も併設しており、松阪市民にとっては、買い物やレジャーを楽しむ場所として人気があった。

松阪店の閉店は、松阪市の経済に大きな影響を与えるものとみられる。同店は、松阪市で最も売り上げの多いデパートであり、閉店によって年間約100億円が市の経済から失われると推定されている。また、同店には約200人が勤務しており、閉店によって雇用の喪失も懸念されている。

松阪店の閉店は、松阪市民にとって大きな衝撃となっている。同店は、松阪市のシンボル的な存在であり、閉店によって松阪市の街並みも大きく変わるものとみられる。

タイトルとURLをコピーしました