新宿中村屋ビルにある中村屋サロン美術館の魅力

スポンサーリンク

新宿中村屋ビルにある中村屋サロン美術館の魅力

中村屋サロン美術館とは。

中村屋サロン美術館は、東京都新宿区にある中村屋ビル内の美術館です。2014年にオープンし、中村屋の創業者夫妻が支援してきた芸術家の作品を展示しています。

中村屋サロン美術館とは

中村屋サロン美術館とは

新宿中村屋ビルにある中村屋サロン美術館は、1923年に創設された美術館です。中村屋は、1880年に創業した食品メーカーで、デパートやホテルも経営しています。中村屋サロン美術館は、中村屋の創業者である相馬愛蔵氏が、芸術を愛する人々が集い、交流する場所として設立しました。

中村屋サロン美術館は、新宿区新宿3丁目にある新宿中村屋ビルの8階にあります。新宿駅の新南口から徒歩1分の場所にあり、アクセスも良好です。美術館は、絵画、彫刻、工芸品など、さまざまなジャンルの作品を所蔵しています。所蔵作品数は、約1,000点にも及びます。

中村屋サロン美術館は、定期的に展覧会を開催しています。展覧会では、中村屋サロン美術館所蔵の作品のほか、国内外の作家による作品も展示されます。展覧会は、一般公開されており、誰でも無料で観覧することができます。

中村屋サロン美術館は、芸術を愛する人々が集い、交流する場所として、多くの人々に親しまれています。美術館では、さまざまなイベントや講座も開催されており、芸術について学ぶことができます。

中村屋創業者の支援した芸術家の作品

中村屋創業者の支援した芸術家の作品

-中村屋創業者の支援した芸術家の作品-

新宿中村屋ビルにある中村屋サロン美術館には、中村屋創業者の相馬愛蔵が支援した芸術家の作品が多数所蔵されています。相馬愛蔵は、若手芸術家を支援することに熱心であり、彼らに絵を描く場所を提供したり、展覧会を開く機会を与えたりしました。その結果、中村屋サロン美術館には、横山大観、菱田春草、熊谷守一、岸田劉生などの著名な芸術家の作品が数多く展示されています。

相馬愛蔵が支援した芸術家の作品は、多種多様です。横山大観と菱田春草は、日本画の大家として知られ、彼らの作品は中村屋サロン美術館の収蔵品の中でも特に人気の高い作品となっています。熊谷守一は、独特の画風で知られる洋画家であり、彼の作品は、中村屋サロン美術館に訪れる人々に驚きと感動を与えています。岸田劉生は、日本画家として活躍した後、洋画に転向した芸術家で、彼の作品は、中村屋サロン美術館に所蔵されている作品の中でも最も重要な作品のひとつです。

中村屋創業者の相馬愛蔵が支援した芸術家の作品は、中村屋サロン美術館の貴重な財産となっています。これらの作品は、日本の美術史を語る上で欠かすことのできない作品であり、中村屋サロン美術館を訪れる人々に、日本の近代美術の素晴らしさを伝えています。

中村屋サロン美術館の見どころ

中村屋サロン美術館の見どころ

中村屋サロン美術館の見どころ

中村屋サロン美術館は、新宿中村屋ビルにある美術館です。1927年に中村屋サロンとして開館し、現在は美術館として美術展覧会や講演会、コンサートなどのイベントを開催しています。

中村屋サロン美術館の見どころは、まず、その外観です。新宿中村屋ビルは、1934年に竣工したアール・デコ調の建物で、国の登録有形文化財に指定されています。中村屋サロン美術館は、この建物の1階にあり、外観からもその歴史を感じることができます。

また、中村屋サロン美術館の見どころは、その展示内容です。中村屋サロン美術館では、常設展として、「中村屋サロン美術館コレクション」を展示しています。「中村屋サロン美術館コレクション」は、明治時代から昭和時代初期にかけて活躍した洋画家の作品を中心に、約200点を収蔵しています。このコレクションは、中村屋サロンが美術展覧会を開催してきた歴史を反映しており、日本の洋画の歴史を学ぶことができます。

さらに、中村屋サロン美術館の見どころは、そのイベントです。中村屋サロン美術館では、美術展覧会や講演会、コンサートなどのイベントを定期的に開催しています。これらのイベントは、中村屋サロン美術館のコレクションをより深く理解するための機会を提供するとともに、新しい芸術との出会いの場となっています。

タイトルとURLをコピーしました