市立高等学校、「高松第一高等学校」について

スポンサーリンク

市立高等学校、「高松第一高等学校」について

高松第一高等学校とは。

高松第一高等学校は、香川県高松市にある公立高校です。1928年に設立された高松第一中学校を前身としています。

高松第一高等学校の歴史

高松第一高等学校の歴史

高松第一高等学校の歴史

高松第一高等学校は、1899年(明治32年)に創立された公立高校です。高松市番町に設立され、当初は高等小学校としてスタートしました。1902年(明治35年)に尋常中学校となり、1920年(大正9年)に高等女学校が併設されました。1948年(昭和23年)に男女共学となり、1949年(昭和24年)に現校名となりました。

本校の校訓は「自主・創造・奉仕」です。この校訓は、生徒たちが自発的に学び、他人のために役立つ人間になることを目指しています。本校の教育目標は、「豊かな人間性と社会性を兼ね備え、社会に貢献できる人材を育成する」ことです。この目標を達成するため、本校では、生徒一人ひとりの個性を尊重し、生徒が自ら学ぶ意欲を育てる教育を行っています。

本校の特色は、生徒一人ひとりの個性を尊重した教育です。本校では、生徒の自主性を重んじ、生徒が自分の興味や関心のある分野を伸ばせるように支援しています。また、本校では、生徒の社会性を育むために、ボランティア活動や地域貢献活動に取り組んでいます。

本校の進学先は、国立大学、公立大学、私立大学など、多種多様です。本校の生徒は、高い進学率を誇り、多くの生徒が希望する大学に進学しています。また、本校の生徒は、就職先でも活躍しており、社会に貢献しています。

高松第一高等学校の特徴

高松第一高等学校の特徴

-高松第一高等学校の特徴-

高松第一高等学校は、香川県にある古くから続く公立高等学校です。かつては「高松高等学校第一部」という名称でしたが、2004年に現校名に変更されました。

高松第一高等学校の特徴は、何といってもその進学実績の高さにあります。毎年、多くの生徒が難関大学に合格しています。その理由は、充実した教育カリキュラムと、熱心な教師陣にあります。

高松第一高等学校の教育カリキュラムは、生徒一人ひとりのニーズに合わせて作られています。そのため、自分の得意な分野を伸ばすことができ、大学受験でも有利になります。また、高松第一高等学校の教師陣は、生徒一人ひとりに親身に向き合ってくれるので、安心して学べます。

高松第一高等学校は、進学実績だけでなく、部活動も盛んです。野球部やサッカー部、弓道部などは、毎年全国大会に出場しています。また、文化部も活発で、合唱部や吹奏楽部などは、コンクールで上位入賞を果たしています。

高松第一高等学校は、進学実績や部活動の盛んさだけでなく、生徒の自主性を尊重する校風も特徴です。そのため、生徒はのびのびと学校生活を送ることができます。

高松第一高等学校は、進学実績や部活動の盛んさ、生徒の自主性を尊重する校風など、さまざまな特徴を持つ高校です。そのため、毎年多くの生徒が志願しています。

高松第一高等学校の進路

高松第一高等学校の進路

高松第一高等学校の進路

高松第一高等学校は、大学合格者数に定評があり、毎年多くの生徒が第一志望の大学に合格しています。その理由は、学校独自の「進路指導システム」にあると言われています。

このシステムは、生徒一人ひとりの希望や適性に合わせて、個別の進路指導を行うものです。進路指導の先生は、生徒の成績や希望を把握し、それに合った大学や学部を提案してくれます。また、大学受験に必要な勉強方法や、志望理由書の書き方などの指導も行っています。

その結果、高松第一高等学校の大学合格者数は、毎年高い水準を維持しています。平成29年度の大学合格者数は、国公立大学が223名、私立大学が567名、合計790名でした。このうち、東京大学や京都大学などの難関大学に合格した生徒も多数います。

高松第一高等学校の進路指導システムは、生徒一人ひとりの夢を叶えるために、大きな役割を果たしています。

タイトルとURLをコピーしました