野岩鉄道会津鬼怒川線について

スポンサーリンク

野岩鉄道会津鬼怒川線について

野岩鉄道会津鬼怒川線とは。

野岩鉄道会津鬼怒川線は、栃木県の日光市と福島県の南会津町を結ぶ鉄道路線です。

野岩鉄道会津鬼怒川線の概要

野岩鉄道会津鬼怒川線の概要

野岩鉄道会津鬼怒川線は、福島県会津若松市の会津高原尾瀬口駅から栃木県日光市の新藤原駅までを結ぶ鉄道路線です。東日本旅客鉄道(JR東日本)と野岩鉄道が運営しており、JR東日本の只見線と野岩鉄道会津鬼怒川線を合わせて「会津鬼怒川線」という愛称で呼ばれています。

野岩鉄道会津鬼怒川線は、1986年に開業しました。当初は、会津高原尾瀬口駅から野岩鉄道会津鬼怒川線に直通する列車が設定されていましたが、2010年に只見線と野岩鉄道会津鬼怒川線の間が分離され、現在は両線の間を直通する列車は運行されていません。

野岩鉄道会津鬼怒川線は、会津若松市と日光市を結ぶ重要な交通機関であり、観光客や通勤・通学客に利用されています。また、会津高原尾瀬口駅と新藤原駅の間には、只見川や鬼怒川などの景勝地があり、車窓から美しい景色を楽しむことができます。

野岩鉄道会津鬼怒川線の歴史

野岩鉄道会津鬼怒川線の歴史

野岩鉄道会津鬼怒川線の歴史

野岩鉄道会津鬼怒川線は、福島県会津若松市にある会津高原尾瀬口駅と、栃木県日光市にある鬼怒川温泉駅を結ぶ鉄道路線です。1986年3月14日に、国鉄会津線と国鉄日光線の間にあった未成区間を、第三セクター方式によって開業しました。

野岩鉄道会津鬼怒川線の計画は、1910年に初めて立てられました。当時、会津若松市と日光市を結ぶ鉄道の建設が検討されており、野岩鉄道会津鬼怒川線のルートもその候補のひとつでした。しかし、資金不足などの問題があり、計画は頓挫してしまいました。

その後、1960年代になって再び野岩鉄道会津鬼怒川線の計画が持ち上がりました。この頃、日光市と会津若松市は観光地として発展しており、両市を結ぶ鉄道の需要が高まっていました。また、当時の国鉄は、赤字路線の廃止を進めており、会津線と日光線の廃止も検討されていました。

そこで、地元自治体や経済団体などが出資して、第三セクター方式で野岩鉄道会津鬼怒川線を建設することになりました。野岩鉄道会津鬼怒川線の建設は、1982年に着工し、4年の歳月をかけて完成しました。

野岩鉄道会津鬼怒川線の観光スポット

野岩鉄道会津鬼怒川線の観光スポット

野岩鉄道会津鬼怒川線の観光スポット

野岩鉄道会津鬼怒川線は、栃木県日光市にある会津高原尾瀬口駅から福島県会津若松市にある会津田島駅までを結ぶ鉄道路線です。沿線には、美しい自然や歴史的な建造物など、多くの観光スポットがあります。

会津高原尾瀬口駅から乗車すると、最初に通過するのが川治温泉駅です。川治温泉は、江戸時代から続く温泉地で、美しい渓谷を眺めながら入浴を楽しむことができます。また、川治温泉には、足湯や手湯など、無料で楽しめる温泉施設もあります。

川治温泉駅から次の駅である湯西川温泉駅までの間は、野岩鉄道のハイライトである「龍王峡」を通ります。龍王峡は、高さ100m以上の断崖絶壁が続く景勝地で、遊歩道が整備されているので、気軽に散策を楽しむことができます。さらに、龍王峡には、大小さまざまな滝があり、特に「吹割の滝」は、日本の滝百選にも選ばれている名瀑です。

湯西川温泉駅に到着したら、ぜひ立ち寄りたいのが「湯西川ダム」です。湯西川ダムは、高さ149mのアーチ式コンクリートダムで、ダム湖にはエメラルドグリーンの湖水が貯まっています。ダムの周辺には、遊歩道や展望台が整備されており、湖畔の美しい景色を眺めることができます。

湯西川温泉駅から会津田島駅までは、野岩鉄道の中で最も長い区間です。この区間には、会津若松城や鶴ヶ城などの歴史的な建造物があります。会津若松城は、戦国時代の武将・蒲生氏郷が築城した城で、現在の天守閣は戊辰戦争後に再建されたものです。鶴ヶ城は、江戸時代初期に加藤嘉明が築城した城で、別名「若松城」とも呼ばれています。鶴ヶ城は、戊辰戦争で焼失しましたが、後に再建され、現在は国の特別史跡に指定されています。

野岩鉄道会津鬼怒川線は、美しい自然や歴史的な建造物など、多くの観光スポットがある路線です。会津若松や日光方面への旅行の際には、ぜひ野岩鉄道を利用してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました