鴻巣市の開腹アーチ橋「新佐賀橋」の魅力

スポンサーリンク

鴻巣市の開腹アーチ橋「新佐賀橋」の魅力

新佐賀橋とは。

新佐賀橋は、埼玉県鴻巣市にある美しい開腹アーチ橋です。1933年に完成し、元荒川に架かっています。欄干には、ゴシック様式の意匠が施され、優美な雰囲気を醸し出しています。2012年に土木学会により土木遺産に認定され、その価値が認められています。

新佐賀橋の歴史と背景

新佐賀橋の歴史と背景

新佐賀橋の歴史と背景

鴻巣市の開腹アーチ橋「新佐賀橋」は、1993年に完成した開腹アーチ橋です。この橋は、鴻巣市と埼玉県行田市を結ぶ国道17号線のバイパス道路である鴻巣行田バイパスの一部として建設されました。新佐賀橋は、鴻巣市と行田市の間を流れる荒川に架かっています。橋の長さは480メートル、幅員は18.5メートルです。新佐賀橋は、その美しいデザインと、荒川の流れを眺めることができる眺望のよさで知られています。また、新佐賀橋は、鴻巣市と行田市を結ぶ重要な交通路としての役割を果たしています。

新佐賀橋の建設は、1986年に開始されました。橋の建設には、約7年を要しました。新佐賀橋の建設にあたっては、地元住民から多くの要望が寄せられました。地元住民からは、橋の景観に配慮してほしい、橋の通行料を無料にしてほしいなどの要望が寄せられました。鴻巣市は、地元住民の要望をできるだけ取り入れるように配慮して、新佐賀橋の建設を進めました。

新佐賀橋は、1993年に完成し、開通しました。新佐賀橋の開通は、鴻巣市と行田市にとって、大きな喜びとなりました。新佐賀橋は、両市の交通の利便性を向上させ、両市の経済発展に貢献しました。また、新佐賀橋は、その美しいデザインと、荒川の流れを眺めることができる眺望のよさで、観光スポットとしても人気を集めています。

新佐賀橋の構造と特徴

新佐賀橋の構造と特徴

新佐賀橋の構造と特徴

新佐賀橋は、鴻巣市と加須市を結ぶ開腹アーチ橋です。全長251.6m、幅員11.0m、高さ38.2mで、平成15年3月に完成しました。

橋の構造は、鉄筋コンクリートアーチ橋で、アーチリブとアーチ桁で構成されています。アーチリブは、橋の両端にある主塔から中央に向かって放射状に伸びる梁で、アーチ桁は、アーチリブの上部に設置された床版を支える梁です。

新佐賀橋の特徴は、その美しいアーチ形状です。アーチリブは、曲線を描くように設計されており、橋全体に優美な印象を与えています。また、アーチ桁は、箱型断面を採用しており、軽量化と強度を両立させています。

さらに、新佐賀橋は、耐震性能にも優れています。橋の両端には、地震の揺れを吸収するゴム支承が設置されており、地震の揺れを橋に伝えないようにしています。また、アーチリブとアーチ桁は、高強度のコンクリートで造られており、地震の揺れにも耐えることができます。

新佐賀橋は、鴻巣市の新しいランドマークとして親しまれています。橋を渡ると、鴻巣市と加須市の美しい景色を楽しむことができます。また、橋のたもとには、公園があり、散歩やジョギングを楽しむことができます。

新佐賀橋の周辺環境とアクセス方法

新佐賀橋の周辺環境とアクセス方法

新佐賀橋の周辺環境とアクセス方法

新佐賀橋は、鴻巣市の中心部にある、荒川に架かる開腹アーチ橋です。橋の周辺は、緑豊かな公園や、歴史的な建造物が立ち並ぶエリアとなっています。新佐賀橋の近くには、鴻巣市立歴史資料館や、鴻巣市中央公民館があり、鴻巣の歴史や文化について学ぶことができます。また、新佐賀橋の周辺には、鴻巣市役所や、鴻巣警察署など、行政機関も集まっています。

新佐賀橋へは、公共交通機関を利用してアクセスすることができます。鴻巣駅からは、新佐賀橋まで徒歩で約15分かかります。また、鴻巣駅からは、バスを利用して新佐賀橋まで行くこともできます。バス停「新佐賀橋」で下車すると、新佐賀橋の目の前に到着します。新佐賀橋へは、車を利用してアクセスすることもできます。鴻巣市街地から、国道17号線を北へ向かって進み、新佐賀橋の交差点を右折すると、新佐賀橋に到着します。新佐賀橋の近くに、駐車場はありません。

タイトルとURLをコピーしました