屋仁港の歴史と特徴

スポンサーリンク

屋仁港の歴史と特徴

屋仁港とは。

奄美大島北東部の鹿児島県奄美市にある港が屋仁港です。1956年9月に設立され、奄美市が港湾管理者となっています。

屋仁港の歴史

屋仁港の歴史

屋仁港の歴史

屋仁港は、沖縄県国頭郡国頭村屋仁にある港である。かつては琉球王国時代の貿易港として栄え、現在では漁港や観光港として利用されている。

屋仁港の歴史は古く、琉球王国時代の15世紀頃にはすでに港として利用されていた。屋仁は、琉球王国の中心地である首里から遠く離れた辺鄙な地であるが、屋仁港は天然の良港であり、外海からの船の寄港に適していた。そのため、屋仁港は琉球王国と中国や東南アジアとの貿易の中継地として栄え、屋仁村は琉球王国の中でも有数の貿易港町となった。

1609年、薩摩藩が琉球王国を侵攻し、屋仁港も薩摩藩の支配下に入った。薩摩藩は、屋仁港を琉球王国との貿易拠点として利用し、屋仁村は薩摩藩の琉球支配の中心地のひとつとなった。

1879年、琉球王国が日本に併合され、屋仁港も日本の領土となった。日本の統治下において、屋仁港は引き続き漁港や観光港として利用され、屋仁村は沖縄県屈指の観光地となった。

第二次世界大戦後、屋仁港は米軍に接収され、米軍基地として使用された。米軍基地は2006年に返還され、屋仁港は再び民間港として利用されるようになった。

現在は、屋仁港は漁港や観光港として利用されており、屋仁村は沖縄県屈指の観光地となっている。屋仁港には、屋仁港マリーナや屋仁港魚市場などがあり、多くの観光客が訪れる。

屋仁港の特徴

屋仁港の特徴

屋仁港の特徴

屋仁港は、沖縄県南城市にある漁港です。南城市の南部、大里川河口に位置し、那覇市から約15km、糸満市から約10kmの距離にあります。屋仁港は、1972年に開港した比較的新しい港ですが、現在は南城市で最も重要な漁港となっています。

屋仁港の特徴は、なんといってもその広さです。港の面積は約10万平方メートルと、沖縄県内でも有数の広さを誇ります。また、水深も深く、大型船舶の入港が可能です。

屋仁港は、漁港としてだけでなく、レジャー施設としても利用されています。港には、釣り場やボート乗り場、海水浴場などが整備されており、週末には多くの家族連れでにぎわいます。

また、屋仁港は、毎年8月に開催される「屋仁港まつり」の会場にもなっています。屋仁港まつりは、屋仁港の開港を記念して開催されるお祭りで、屋仁港の特産品である魚介類を使った料理や、伝統芸能の披露などが行われます。

屋仁港は、南城市の重要な漁港であり、レジャー施設としても人気のある場所です。南城市を訪れた際には、ぜひ屋仁港を訪れてみてください。

屋仁港の利用状況

屋仁港の利用状況

屋仁港の利用状況

屋仁港は、戦前、県内5大港の一角を占めていた歴史ある港です。かつては、物資の積み下ろしが盛んに行われ、多くの船が行き交っていました。しかし、近年は、輸送手段の変化や近隣の港湾の整備などにより、屋仁港の利用状況は低迷しています。

現在、屋仁港を利用しているのは、主に、漁船や観光船です。漁船は、近海で獲れた魚を水揚げするために利用しており、観光船は、屋仁島や慶留間島への観光客を乗せて出航しています。また、屋仁港では、毎年、県内各地から漁船が集まる「屋仁港まつり」が開催されており、多くの観光客で賑わっています。

屋仁港の利用状況が低迷しているのは、輸送手段の変化や近隣の港湾の整備など、さまざまな要因があります。しかし、屋仁港は、戦前から続く歴史ある港であり、多くの観光客が訪れる観光地でもあります。今後、屋仁港を利用する観光客が増加すれば、屋仁港の利用状況も改善されるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました