化学史学会について

スポンサーリンク

化学史学会について

化学史学会とは。

化学史学会とは、日本の学術研究団体の1つです。英語名を「The Japanese Society for the History of Chemistry」といい、化学史の研究の発展と普及を目的として活動しています。

化学史学会の目的

化学史学会の目的

化学史学会の目的

化学史学会は、化学の歴史を研究し、その成果を広く公開することを目的としています。化学の歴史は、人類の知恵の結晶であり、化学の進歩に大きく貢献してきました。化学史学会は、化学の歴史を研究することで、化学の進歩を促進し、化学の普及に貢献することを目指しています。

化学史学会は、化学の歴史に関する研究発表会やシンポジウムを開催し、化学の歴史に関する書籍や論文を出版しています。また、化学の歴史に関する教育プログラムを実施し、化学の歴史を学ぼうとする人材を育成しています。化学史学会の活動を通じて、化学の歴史がより多くの人々に知られるようになり、化学の進歩に貢献することが期待されています。

化学史学会は、化学の歴史に関心のある人であれば誰でも入会することができます。化学史学会に入会することで、化学の歴史に関する研究発表会やシンポジウムに参加したり、化学の歴史に関する書籍や論文を入手したりすることができます。また、化学史学会の会員は、化学史学会の運営に参加することができます。

化学史学会の事業

化学史学会の事業

化学史学会の事業

化学史学会は、化学の歴史に関する研究を奨励し、化学の歴史に関する知識を普及することを目的としています。そのために、以下の事業を行っています。

・学術大会の開催毎年、学術大会を開催し、化学史に関する研究発表を行っています。
・学術誌の発行学術誌「化学史研究」を発行し、化学史に関する研究論文を掲載しています。
・図書室の運営化学史に関する図書や資料を収集し、図書室を運営しています。
・講演会の開催化学史に関する講演会を定期的に開催しています。
・博物館の運営化学史に関する博物館を運営しています。
・国際交流の推進海外の化学史学会との交流を推進しています。

化学史学会は、これらの事業を通じて、化学の歴史に関する研究の発展と、化学の歴史に関する知識の普及に貢献しています。

タイトルとURLをコピーしました