福岡「えきマチ1丁目姪浜」の改称秘話

スポンサーリンク

福岡「えきマチ1丁目姪浜」の改称秘話

えきマチ1丁目姪浜とは。

「えきマチ1丁目姪浜」は、福岡市西区にあるショッピングセンターです。1984年に「姪浜デイトス」としてオープンしましたが、2014年に改称しました。

「姪浜デイトス」から「えきマチ1丁目姪浜」へ

「姪浜デイトス」から「えきマチ1丁目姪浜」へ

「姪浜デイトス」から「えきマチ1丁目姪浜」へ

福岡市西区にある商業施設「えきマチ1丁目姪浜」は、かつて「姪浜デイトス」という名称で親しまれていました。2018年に「えきマチ1丁目姪浜」に改称されたのはなぜでしょうか。

改称の理由は、施設のターゲット層を広げるためでした。「姪浜デイトス」という名称は、デパートをイメージさせるため、若い世代には馴染みが薄かったのです。そこで、駅前の利便性をアピールし、幅広い世代に利用してもらうために、「えきマチ1丁目姪浜」に改称されました。

改称後、施設の利用客は増加傾向にあります。2018年3月の時点で、月間利用客数は約9万人でしたが、2019年3月には約11万人に増加しています。改称によって、施設の認知度が向上したことと、駅前の利便性がアピールされたことが、利用客増加につながったと考えられます。

「えきマチ1丁目姪浜」は、今後も地域の人々に親しまれる商業施設として、発展していくことが期待されています。

改称の理由と経緯

改称の理由と経緯

小見出し「改称の理由と経緯」

姪浜駅ビルの商業施設「えきマチ1丁目姪浜」は、2020年11月1日に「姪浜クロスゲート」に改称されました。改称の理由は、施設のコンセプトを変更するためです。

「えきマチ1丁目姪浜」は、2012年にオープンした商業施設です。当初は、駅周辺住民向けの生活利便施設として営業していましたが、近年は来街者の減少に悩んでいました。そこで、施設のコンセプトを変更し、より多くの来街者を集めることを目指すことになりました。

改称に伴い、施設の内装やテナント構成も変更されました。内装は、より明るく開放的な雰囲気になり、テナント構成も、飲食店やアパレルショップなどの若者向けの店舗が多くなりました。また、施設の名称も、より親しみやすく覚えやすい「姪浜クロスゲート」に変更されました。

改称後の「姪浜クロスゲート」は、好評を博しており、来街者数は大幅に増加しました。施設のコンセプトを変更することで、見事に再起を果たしたと言えるでしょう。

リニューアル後の「えきマチ1丁目姪浜」

リニューアル後の「えきマチ1丁目姪浜」

リニューアル後の「えきマチ1丁目姪浜」は、2023年3月10日にオープンする商業施設です。博多駅の隣に位置する姪浜駅に直結しており、交通の利便性が高いのが特徴です。また、九州最大級のショッピングモール「イオンモール姪浜」や、シネコン「MOVIX姪浜」など、隣接する商業施設も充実しています。

「えきマチ1丁目姪浜」は、地上3階建ての建物で、延床面積は約1万3000平方メートルです。1階には、スーパーマーケット「マックスバリュ姪浜店」や、ドラッグストア「コスモス姪浜店」など、生活に欠かせない店舗が軒を連ねます。2階には、ファッション・雑貨店やレストラン、3階には、美容院やエステサロンなどが入居しています。

「えきマチ1丁目姪浜」は、姪浜駅周辺の活性化を目的に、地元の住民や企業が協力して整備した商業施設です。姪浜駅周辺は、古くから住宅街として栄えてきましたが、近年は人口減少や高齢化が進んでいました。「えきマチ1丁目姪浜」のオープンで、姪浜駅周辺の活性化に期待がかかっています。

タイトルとURLをコピーしました