姫路市立動物園へ行こう!

スポンサーリンク

姫路市立動物園へ行こう!

姫路市立動物園とは。

「姫路市立動物園は、兵庫県姫路市にある動物園です。1951年12月にオープンしました。姫路城のすぐ隣にあります。」

姫路市立動物園の歴史

姫路市立動物園の歴史

姫路市立動物園の歴史

姫路市立動物園は、1928年(昭和3年)に開園した動物園です。開園当初は、姫路城西御屋敷跡の広さ1.3ヘクタール、動物数30種、235頭でスタートしました。その後、1966年(昭和41年)に、現在の姫路市農業公園がある場所に移転し、広さ12.2ヘクタール、動物数80種、622頭に増えました。そして、1989年(平成元年)に、現在の姫路市網干区に移転し、広さ28.5ヘクタール、動物数約80種、800頭に増えました。

姫路市立動物園は、移転を繰り返しながらも、着実に規模を拡大してきました。そして、現在では、約80種、800頭の動物を飼育する、関西屈指の動物園となっています。動物園内には、ライオン、トラ、キリン、ゾウ、カバ、サル、鳥など、さまざまな動物が飼育されています。また、熱帯植物園や、子ども動物園もあり、家族連れで楽しめる動物園となっています。

姫路市立動物園は、1928年(昭和3年)の開園以来、多くの人々に親しまれてきました。そして、現在では、姫路市を代表する観光スポットのひとつとなっています。姫路城とともに、姫路を訪れた際には、ぜひ姫路市立動物園にも足を運んでみてください。

姫路市立動物園の動物たち

姫路市立動物園の動物たち

姫路市立動物園の動物たち

姫路市立動物園は、兵庫県姫路市にある動物園です。1951年4月1日に開園し、2021年3月31日現在は約100種、900点の動物が飼育されています。

動物園の敷地は、姫路城の西側にある姫路公園内にあり、総面積は約24ヘクタールです。園内は、アジアゾーン、アフリカゾーン、アメリカゾーン、オーストラリアゾーン、日本ゾーンの5つのゾーンに分かれており、各ゾーンにはその地域に生息する動物たちが飼育されています。

アジアゾーンには、ライオン、トラ、ヒョウ、ゾウ、キリン、ラクダ、ラマ、ヤクなどが飼育されています。アフリカゾーンには、シマウマ、キリン、ゾウ、サイ、カバ、ワニ、ヘビなどが飼育されています。アメリカゾーンには、ピューマ、ジャガー、オオカミ、クマ、アライグマ、リス、ハリネズミなどが飼育されています。オーストラリアゾーンには、コアラ、ウォンバット、カンガルー、エミュー、クジャクなどが飼育されています。日本ゾーンには、ニホンザル、ニホンジカ、タヌキ、キツネ、ウサギなどが飼育されています。

姫路市立動物園の動物たちは、いずれも健康的な生活を送っています。飼育員たちは、動物たち一人ひとりの性格や習性を理解し、適切な餌や飼育環境を提供しています。また、動物たちの健康状態を常にチェックし、病気の早期発見・早期治療に努めています。

姫路市立動物園は、動物たちと触れ合える貴重な場所です。園内には、動物たちの生態について学ぶことができる展示パネルや、動物たちに餌を与えることができる体験コーナーなどがあります。また、動物たちのショーやイベントなども開催されており、来園者を楽しませています。

姫路市立動物園へのアクセス

姫路市立動物園へのアクセス

-姫路市立動物園へのアクセス-

姫路市立動物園は、姫路市の広峰山にある動物園です。昭和44年(1969年)に開園し、現在は約100種、約1,000点の動物が飼育されています。

姫路市立動物園へのアクセスは、公共交通機関と自家用車があります。

-公共交通機関の場合-

最寄りの駅は、山陽電鉄広畑線の広畑駅です。広畑駅から徒歩で約15分です。また、JR姫路駅から神姫バスに乗り、姫路市立動物園前で下車することもできます。

-自家用車の場合-

姫路市立動物園には、無料の駐車場があります。駐車可能台数は約150台です。第二神明道路夢前出口から約5分、または中国自動車道姫路東インターチェンジから約10分の場所にあります。

姫路市立動物園は、広大な敷地に様々な動物が飼育されており、大人から子供まで楽しめる動物園です。ぜひ、ご家族やご友人と一緒に姫路市立動物園を訪れてみてください。

タイトルとURLをコピーしました