山手イタリア山庭園の魅力とは?

スポンサーリンク

山手イタリア山庭園の魅力とは?

山手イタリア山庭園とは。

横浜市中区にある山手イタリア山庭園は、イタリア式の庭園で、園内には明治時代の西洋館が保存されています。代表的な西洋館は「外交官の家」で、イタリア人建築家が設計し、日本人の工匠が建設しました。華やかな内装と美しい庭園が特徴で、国の重要文化財に指定されています。

山手イタリア山庭園の歴史と由来

山手イタリア山庭園の歴史と由来

山手イタリア山庭園の歴史と由来

山手イタリア山庭園は、横浜市中区に位置する代表的な西洋式庭園のひとつです。この庭園は、イタリア人貿易商のジョヴァンニ・バッティスタ・チェーレによって1906年に購入され、その後、チェーレ邸と庭園を建設しました。チェーレは、イタリアの風景画を愛し、庭園をイタリアの風景画のような雰囲気にデザインしました。また、チェーレは、日本の文化にも興味があり、庭園には日本の要素も取り入れられています。

チェーレが亡くなった後、庭園は横浜市に寄贈され、1941年に公園として一般公開されました。現在は、重要文化財に指定されており、国の名勝にも指定されています。

山手イタリア山庭園は、美しい庭園としてだけでなく、歴史的にも貴重な場所です。庭園には、チェーレ邸をはじめ、イタリア式の噴水や彫刻など、イタリアの文化を感じられるものがたくさんあります。また、庭園からは、横浜の街並みと海を一望することができます。

山手イタリア山庭園の見どころ

山手イタリア山庭園の見どころ

山手イタリア山庭園の見どころ

山手イタリア山庭園は、横浜市中区にある庭園です。1908年にイタリア人建築家、ラファエレ・カッペリーニによって設計され、1912年に竣工しました。庭園は、ルネサンス様式とバロック様式を組み合わせたデザインで、噴水や彫刻、花壇などが見どころです。

庭園の中央には、大きな噴水があります。噴水は、ギリシャ神話の海神ポセイドンをモチーフにしており、ポセイドンが魚を手に持っている姿が印象的です。また、庭園には多くの彫刻が置かれています。彫刻は、ギリシャ神話や聖書に登場する人物をモチーフにしたものが多く、庭園に華やかな雰囲気を与えています。

庭園には、美しい花壇もたくさんあります。花壇には、四季折々の花が咲き誇り、訪れる人々の目を楽しませてくれます。また、庭園にはリスやウサギなどの動物も生息しており、自然豊かな環境を楽しむことができます。

山手イタリア山庭園は、四季折々の美しさを楽しむことができる庭園です。横浜を訪れた際には、ぜひ一度足を運んでみてください。

山手イタリア山庭園へのアクセスと入園料

山手イタリア山庭園へのアクセスと入園料

-山手イタリア山庭園へのアクセスと入園料-

山手イタリア山庭園は、横浜市中区にある公園です。1923年にイタリア人外交官のラファエロ・フォルランによって設計され、1930年に開園しました。面積は約12,000平方メートルで、園内にはイタリア式の庭園や噴水、彫像などがあります。

山手イタリア山庭園へのアクセスは、横浜市営地下鉄ブルーラインの関内駅から徒歩約10分です。入園料は大人200円、小人100円です。開園時間は午前9時から午後5時までで、毎週月曜日は休園です。

山手イタリア山庭園は、横浜の観光スポットとして人気があります。園内からは横浜の街並みを見渡すことができ、特に夜景は絶景です。また、園内にはバラ園やハーブ園があり、季節の花々を楽しむことができます。

タイトルとURLをコピーしました