超宗派万国戦争犠牲者慰霊大平和祈念塔とは?

スポンサーリンク

超宗派万国戦争犠牲者慰霊大平和祈念塔とは?

超宗派万国戦争犠牲者慰霊大平和祈念塔とは。

「超宗派万国戦争犠牲者慰霊大平和祈念塔とは、大阪府富田林市にある塔のことです。1970年に創設され、高さは180メートルです。PL教団が建立しました。」

概要

概要

超宗派万国戦争犠牲者慰霊大平和祈念塔とは、宗教や国籍を問わず、戦争で亡くなった人々を慰霊し、世界平和を祈念するために建立された慰霊塔です。東京都新宿区の戸山公園内にあり、1975年(昭和50年)に建立されました。

慰霊塔は、高さ約18メートル、幅約12メートル、奥行き約10メートルのコンクリート造で、塔の正面には「超宗派万国戦争犠牲者慰霊大平和祈念塔」の文字が彫られています。塔の内部には、戦争で亡くなった人々の遺骨が収められており、毎年8月15日には慰霊祭が行われています。

慰霊塔は、僧侶や牧師、神父など、様々な宗教者が協力して建立したもので、宗教や国籍を問わず、戦争で亡くなった人々を慰霊し、世界平和を祈念するシンボルとなっています。慰霊塔を訪れる人は、戦争の悲惨さを知り、世界平和の大切さを改めて考えさせられることでしょう。

歴史

歴史

この慰霊塔は、1924年(大正13年)に創建された、我が国最初の万国戦争犠牲者慰霊施設である。1914年(大正3年)に勃発した第一次世界大戦は、ヨーロッパを中心に、世界各国を巻き込んだ大戦争となり、莫大な犠牲者を出した。日本も連合国側として参戦し、約3万人以上の戦死者を出すこととなった。

第一次世界大戦終結後、世界各国では戦争犠牲者の慰霊事業が盛んになり、日本でも遺族や有志によって、戦争犠牲者の慰霊塔を建てる動きが高まった。そのような中、1921年(大正10年)に「超宗派万国戦争犠牲者慰霊大平和祈念塔建設計画」が立案された。

この計画は、東京・上野公園内に、戦争犠牲者を追悼するとともに、世界平和を祈念する慰霊塔を建設するというもので、仏教、神道、キリスト教、イスラム教など、宗派の区別なく、すべての戦争犠牲者を慰霊することを目的とした。

タイトルとURLをコピーしました