西武旭川店とは?北海道旭川市にあった百貨店

スポンサーリンク

西武旭川店とは?北海道旭川市にあった百貨店

西武旭川店とは。

北海道旭川市にあった百貨店「西武旭川店」は、2016年9月に閉店しました。

西武旭川店の歴史と沿革

西武旭川店の歴史と沿革

* -西武旭川店の歴史と沿革-

西武旭川店は、北海道旭川市にあった百貨店である。1969年(昭和44年)に開店し、2006年(平成18年)に閉店した。

西武旭川店は、西武百貨店が北海道に出店する際に、旭川市に建設された。旭川市は、北海道の中央部に位置し、人口は約35万人である。旭川市は、北海道の経済の中心地であり、多くの企業が本社を置いている。西武百貨店は、旭川市に出店することで、北海道の顧客を開拓することを目指していた。

西武旭川店は、開店当初から好調な売り上げを記録した。旭川市は、北海道の経済の中心地であるため、多くの人が西武旭川店に買い物に訪れた。また、西武旭川店は、他の百貨店よりも安い値段で商品を販売していたため、多くの顧客に支持された。

しかし、西武旭川店の売り上げは、次第に減少していった。その原因は、旭川市の人口減少である。旭川市の人口は、1990年(平成2年)をピークに減少しており、2005年(平成17年)には約32万人まで減少した。人口減少に伴い、西武旭川店の売り上げも減少していった。

西武百貨店は、西武旭川店の売り上げ減少を受けて、2006年(平成18年)に閉店することを決定した。西武旭川店の閉店は、旭川市民に大きな衝撃を与えた。西武旭川店は、旭川市のランドマーク的存在であり、多くの市民に愛されていた。

西武旭川店の特徴と魅力

西武旭川店の特徴と魅力

西武旭川店とは、北海道旭川市にあった百貨店です。1966年に西武百貨店によって開業し、1998年に閉店しました。店舗面積は約2万8000平方メートルで、地上8階、地下1階の建物でした。

西武旭川店は、旭川市中心部に位置し、交通の便が良かったため、多くの買い物客でにぎわっていました。また、地元の食材を使用したレストランやカフェが充実しており、グルメのスポットとしても人気がありました。

西武旭川店は、ファッションや雑貨、家電など幅広い商品を取り扱っており、旭川市民にとってなくてはならない存在でした。しかし、1990年代以降、郊外型ショッピングセンターの台頭や、インターネット通販の普及などにより、百貨店の経営は厳しくなり、2010年に閉店に至りました。

西武旭川店は、旭川市の歴史と文化を象徴する百貨店であり、その閉店は旭川市民にとって大きな痛手となりました。しかし、西武旭川店の跡地には、現在は新しい商業施設が建設され、再び旭川市民の憩いの場となっています。

西武旭川店の閉店とその後

西武旭川店の閉店とその後

西武旭川店の閉店とその後

2009年8月31日、西武旭川店は閉店しました。閉店理由は、競合店の進出や郊外型ショッピングセンターの台頭、旭川市の人口減少などによる売り上げの低迷です。閉店後、建物は解体され、跡地にはマンションが建設されました。

西武旭川店の跡地には、2013年3月にオープンしたマンション「ザ・レジデンス旭川」が建っています。ザ・レジデンス旭川は、地上15階建て、総戸数117戸のマンションです。マンションには、フィットネスジムやパーティールームなどの共用施設が備わっています。

また、西武旭川店の跡地には、2015年4月にオープンした商業施設「旭川プライムスクエア」があります。旭川プライムスクエアには、スーパーマーケットやドラッグストア、飲食店などが入居しています。

西武旭川店の閉店は、旭川市に大きな影響を与えました。しかし、西武旭川店の跡地には新しいマンションと商業施設が建設され、旭川市の発展に貢献しています。

タイトルとURLをコピーしました