シマノ鈴鹿ロードとは?

スポンサーリンク

シマノ鈴鹿ロードとは?

シマノ鈴鹿ロードとは。

シマノ鈴鹿ロードとは、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットを舞台に開催される自転車レースの祭典です。

大会の概要

大会の概要

-大会の概要-

シマノ鈴鹿ロードは、三重県鈴鹿市にある鈴鹿サーキットで開催される自転車ロードレース大会です。毎年4月に開催され、国内外のトッププロ選手からアマチュアライダーまで、幅広い選手が参加しています。

シマノ鈴鹿ロードは、1992年に第1回大会が開催されて以来、今年で29回目を迎えます。大会のメインイベントは、男子エリート・女子エリートの部で、距離は147kmです。このほか、男子エリート・女子エリートの部に先立って開催されるU23・ジュニアの部、100kmの距離で行われるエキスパートの部、50kmの距離で行われるビギナーの部など、さまざまなカテゴリーのレースが行われます。

シマノ鈴鹿ロードは、日本国内では数少ないUCI公認の自転車ロードレース大会であり、世界中のトッププロ選手が参加する大会として知られています。また、大会には多くの観客が訪れ、その熱気は毎年大きな盛り上がりを見せています。

コース

コース

シマノ鈴鹿ロードは、三重県鈴鹿市にある鈴鹿サーキットをメイン会場として開催される自転車ロードレースです。レースは、毎年春に開催され、2019年は4月27日(土)から28日(日)の2日間で開催されました。

レースのコースは、鈴鹿サーキットの国際レーシングコースを周回するコースで、1周の長さは5.8kmです。レースは、女子、男子ともに20周回、合計116kmの距離で行われます。

コースは、平坦な直線と緩やかなカーブが連続しており、全体的に走りやすいコースです。しかし、1周の長さが5.8kmと長く、20周回を走るには体力と持久力が必要です。また、鈴鹿サーキットは標高差が約20mあり、コースの後半には上り坂も登場します。このため、上り坂に備えたペース配分が重要になってきます。

シマノ鈴鹿ロードは、国内屈指のロードレースとして知られており、毎年多くの選手が参加しています。また、レースは鈴鹿サーキット周辺の公道を封鎖して行われるため、沿道には多くの観客が詰めかけ、選手たちを応援します。

参加方法

参加方法

-参加方法-

シマノ鈴鹿ロードに参加するには、まず大会のウェブサイトでエントリーをする必要があります。エントリーは、個人参加とチーム参加の2種類があり、個人参加は1人1台で参加し、チーム参加は4人1チームで参加します。エントリー料は、個人参加が1万円、チーム参加が4万円です。

エントリー期間は、毎年12月上旬から3月上旬までです。定員は、個人参加が1万5千人、チーム参加が2千チームです。エントリーは先着順で締め切られます。

エントリーが完了したら、大会当日までに参加費を支払う必要があります。参加費は、個人参加が1万円、チーム参加が4万円です。参加費は、大会ウェブサイトでクレジットカードまたは銀行振込で支払うことができます。

参加費を支払ったら、大会当日までに参加証を受け取る必要があります。参加証は、大会ウェブサイトで印刷するか、大会会場で受け取ることができます。参加証は、大会当日に入場する際に必要となります。

大会当日、参加者は朝8時までに大会会場に到着する必要があります。開会式は朝9時から行われ、レースは朝10時からスタートします。レースの距離は、個人参加が100km、チーム参加が160kmです。レースのコースは、鈴鹿山脈を舞台にしたアップダウンの激しいコースです。

レース終了後は、閉会式が行われます。閉会式では、入賞者に賞状とメダルが授与されます。また、参加者全員に参加賞が贈られます。

タイトルとURLをコピーしました