東京成徳大学高等学校とは?

スポンサーリンク

東京成徳大学高等学校とは?

東京成徳大学高等学校とは。

東京成徳大学高等学校は、東京都北区にある私立の女子高校です。1926年に設立された王子高等女学校をその前身としています。

東京成徳大学高等学校の歴史

東京成徳大学高等学校の歴史

東京成徳大学高等学校の歴史

東京成徳大学高等学校は、1907年に設立された私立女子高等学校です。学校は東京の文京区に位置しています。学校は、1875年に創立された東京女学校と、1905年に創立された日本家政学園が合併して設立されました。学校は当初、「東京家政専門学校」という名称でしたが、1948年に「東京成徳女子短期大学」に改称されました。1951年に、学校は「東京成徳女子大学」に昇格しました。1966年に、学校は「東京成徳大学高等学校」を開校しました。

東京成徳大学高等学校は、長い歴史と伝統を持つ学校です。学校は、高い教育水準で知られており、多くの卒業生が有名大学に進学しています。学校は、生徒の個性を尊重し、生徒の自立を促す教育方針を掲げています。学校には、様々なクラブ活動や部活動があり、生徒は学校生活を豊かにすることができます。

東京成徳大学高等学校の特徴

東京成徳大学高等学校の特徴

東京成徳大学高等学校の特徴

東京成徳大学高等学校は、東京都世田谷区にある私立高校である。1918年(大正7年)に創立され、100年以上の歴史を持つ。現在、中高一貫教育を行っており、中等部と高等部の2つのコースに分かれている。

東京成徳大学高等学校の特徴の一つは、少人数制教育である。中等部は1クラス25人、高等部は1クラス30人の少人数制クラスで、一人ひとりの生徒に丁寧な指導を行うことができる。また、生徒一人ひとりの個性や適性を尊重し、きめ細やかな指導を行うために、担任制を採用している。

東京成徳大学高等学校の特徴の二つ目は、進学実績の高さである。東京成徳大学高等学校の進学実績は、国公立大学や早慶上智などの難関私立大学への合格者を多数輩出している。また、海外の大学への進学実績も高く、近年ではハーバード大学やスタンフォード大学などへの合格者も輩出している。

東京成徳大学高等学校の特徴の三つ目は、国際教育に力を入れていることである。東京成徳大学高等学校は、海外の学校との提携を積極的に行っており、海外研修や留学の機会を設けている。また、英語教育にも力を入れており、ネイティブの英語教員による授業や、海外の大学への進学をサポートするプログラムなどを提供している。

東京成徳大学高等学校のアクセス

東京成徳大学高等学校のアクセス

東京成徳大学高等学校のアクセス

東京成徳大学高等学校は、東京都文京区大塚2-1-1にある私立高等学校です。最寄駅は、JR山手線・東京メトロ南北線「大塚駅」になります。大塚駅から徒歩7分、茗荷谷駅から徒歩10分、春日駅から徒歩12分です。また、都営バス「大塚二丁目」バス停から徒歩1分、都営バス・国際興業バス「大塚警察署入り口」バス停から徒歩3分です。周辺には、大塚公園、護国寺、大塚の森公園などの緑豊かなスポットがあります。また、大塚駅、茗荷谷駅、春日駅周辺には、飲食店やショッピング施設が多くあります。

タイトルとURLをコピーしました