徳島県吉野川市の「吉野川遊園地」

スポンサーリンク

徳島県吉野川市の「吉野川遊園地」

吉野川遊園地とは。

吉野川遊園地は、徳島県吉野川市にかつて存在した遊園地です。もともとは江川遊園地として1969年にオープンし、その後2011年に閉園しました。

「吉野川遊園地」の歴史

「吉野川遊園地」の歴史

「吉野川遊園地」の歴史

徳島県吉野川市の「吉野川遊園地」は、昭和34年(1959年)に徳島県の県内初の遊園地として誕生しました。当初は、観覧車やメリーゴーランド、ローラーコースターなどのアトラクションがメインでしたが、その後、プールやゴーカート場、キャンプ場などの施設が追加され、一大レジャー施設として親しまれてきました。

しかし、近年は入園者数の減少や施設の老朽化が進み、2017年(平成29年)に閉園となりました。閉園後は、跡地を活用した新たな施設の建設が検討されていますが、具体的な計画は決まっていません。

吉野川遊園地は、徳島県民にとって長年親しまれたレジャー施設でしたが、時代の流れとともにその役割を終えたと言えそうです。しかし、この遊園地には多くの思い出が詰まっており、閉園を惜しむ声は今でも根強く残っています。

「吉野川遊園地」の施設

「吉野川遊園地」の施設

「吉野川遊園地」は、徳島県吉野川市にある遊園地です。1962年に開園し、現在では約30のアトラクションと数多くの飲食店を備えています。

遊園地のメインアトラクションは、ジェットコースター「ビッグサンダー」です。このコースターは、最高速度80km/h、最大落差30mを誇り、スリル満点の乗り心地が人気です。また、園内には観覧車「スターホイール」や、メリーゴーランド「カルーセル」、バイキング「ワイルドスワン」などの定番アトラクションも揃っています。

小さなお子様向けの施設としては、「キッズガーデン」が充実しています。ボールプールや滑り台、ブランコなどがあり、小さなお子様でも安心して遊べるようになっています。

飲食店としては、フードコートやレストラン、喫茶店などがあります。徳島県の郷土料理「阿波尾鶏」や「徳島ラーメン」など、地元のグルメを味わうことができます。

「吉野川遊園地」は、ファミリーで一日中楽しめる遊園地です。スリル満点のアトラクションから、小さなお子様向けの施設まで、幅広い年齢層の方に楽しんでいただけます。

「吉野川遊園地」の閉園

「吉野川遊園地」の閉園

「吉野川遊園地」の閉園

2020年3月31日、徳島県吉野川市の「吉野川遊園地」が67年間の歴史に幕を閉じました。遊園地は、1953年に「吉野川河川敷広場」として開園。1960年に「吉野川遊園地」と改称し、屋内プールやジェットコースターなどの遊具を備えた総合レジャー施設として人気を集めていました。しかし、バブル経済崩壊後のレジャー業界の不況や、近年の人口減少により経営が厳しくなり、2019年10月に閉園が発表されました。

閉園当日、遊園地には多くの市民が訪れ、別れを惜しみました。中には、幼い頃から遊園地に通い、思い出深い場所として語る人もいました。また、閉園後も遊園地の跡地を市民の憩いの場として活用してほしいと願う人も多くいました。

「吉野川遊園地」の閉園は、徳島県にとって大きな損失となりました。しかし、遊園地の跡地がどのように活用されるのか、市民の期待は高まっています。

タイトルとURLをコピーしました