油良港の概要と歴史

スポンサーリンク

油良港の概要と歴史

油良港とは。

山口県大島郡周防大島町に位置する油良港は、1956年5月に設立された港です。

油良港の立地と役割

油良港の立地と役割

油良港の立地と役割

油良港は、宮崎県北部に位置する港湾です。北九州地方や鹿児島県などの九州各地から訪れやすい位置にあり、また、瀬戸内海や太平洋へのアクセスも良いことから、古くから人や物の往来が盛んな港として栄えてきました。

現在、油良港は、主に工業港として利用されています。港内には、石油化学工場や製紙工場、セメント工場など、さまざまな工場が立地しており、これらの工場からの製品を輸出入するための重要な拠点となっています。また、油良港は、海外からの観光客を受け入れるための国際クルーズ船の寄港地としても利用されています。

油良港は、宮崎県の経済を支える重要な港湾として、今後もその役割を果たし続けていくものと思われます。

油良港の歴史と沿革

油良港の歴史と沿革

油良港の歴史と沿革

江戸時代以前の油良港は、自然の地形を利用した天然の港湾であり、古くから船の停泊地として利用されてきた。江戸時代に入ると、薩摩藩の藩主島津重豪が油良港を整備し、港湾施設を拡充した。これにより、油良港は薩摩藩の主要な港湾として発展し、薩摩藩の貿易や物流の拠点として重要な役割を果たした。

明治時代になると、油良港は近代的な港湾として整備された。1887年(明治20年)に鹿児島県の港湾計画に指定され、1899年(明治32年)に港湾工事着工、1903年(明治36年)に港湾工事竣工した。油良港は、薩摩藩時代の港湾をさらに拡充し、防波堤や埠頭、荷役施設などの近代的な港湾施設を備えた。これにより、油良港は鹿児島県の主要な港湾として発展し、鹿児島県の貿易や物流の拠点として重要な役割を果たした。

その後、油良港は、1972年(昭和47年)に鹿児島県と国土交通省が共同で建設した鹿児島新港が完成し、鹿児島県の主要な港湾としての役割を鹿児島新港に譲った。しかし、現在も、油良港は、鹿児島県の重要な港湾として、鹿児島県の貿易や物流の拠点としての役割を果たしている。

油良港の施設と設備

油良港の施設と設備

-# 油良港の施設と設備

油良港には、コンテナターミナル、ドライバルクターミナル、液体ターミナル、自動車ターミナルなど、さまざまな施設と設備が整っています。

コンテナターミナルは、コンテナ船の入出港に対応しており、年間約100万TEUのコンテナを取り扱っています。また、ドライバルクターミナルは、石炭や鉄鉱石などのドライバルク貨物の取り扱いをしており、年間約1,000万トンの貨物を扱っています。さらに、液体ターミナルは、原油や石油製品などの液体貨物の取り扱いをしており、年間約500万トンの貨物を扱っています。また、自動車ターミナルは、自動車の入出港に対応しており、年間約50万台の自動車を取り扱っています。

これらの施設と設備に加えて、油良港には、港湾管理局の事務所や倉庫、税関や検疫所などの公共機関の施設も整っています。また、港周辺には、工場や倉庫などの民間企業の施設も立地しており、活発な経済活動が行われています。

タイトルとURLをコピーしました