「朝顔」:古典落語の演目

スポンサーリンク

「朝顔」:古典落語の演目

朝顔とは。

「朝顔」とは、日本の伝統的な話芸である落語の演目のひとつです。主に上方で演じられ、「朝顔買い」という別名でも知られています。

「朝顔」とは何か

「朝顔」とは何か

「朝顔」とは、古典落語の演目のひとつです。主人公は、朝顔の花をこよなく愛する男。彼は、朝顔の栽培に明け暮れ、その美しさに酔いしれています。そんなある日、彼は友人から、珍しい朝顔の種を譲り受けます。その種は、夜になると花が咲くという不思議なものでした。

男は、その朝顔の種を大切に育て、やがて花が咲くのを見ます。その花は、昼間咲く朝顔とは異なり、青白い光を放ち、あたりを幻想的な雰囲気に包みました。男は、その花の美しさに魅了され、毎晩その花を眺めてはうっとりとしていました。

しかし、その朝顔は、男に災いをもたらしました。花が咲くたびに、男の家の周辺で怪奇現象が起こり始めたのです。夜中に声が聞こえたり、物が勝手に動いたり、といったことが頻発しました。男は、その朝顔のせいではないかと疑い始め、やがてその花を処分することにしました。

男は、その朝顔の花を川に捨てましたが、それ以来、怪奇現象は起こらなくなりました。男は、その朝顔を処分したことで、災いから逃れたのだと安堵しました。

「朝顔」の演目の内容

「朝顔」の演目の内容

-「朝顔」の演目の内容-

「朝顔」は古典落語の演目のひとつで、原話は江戸小咄にあるとされている。主人公は、花屋の隠居である文左衛門。文左衛門は、朝顔の鉢植えを育てており、毎年、自慢の朝顔を寺に奉納している。ところが、ある年、花屋の新しい同業者、長兵衛がやってきて、文左衛門の朝顔の鉢植えよりも立派な朝顔の鉢植えを寺に奉納した。文左衛門は、長兵衛に負けてなるものかと、翌年、さらに見事な朝顔を咲かせることを決意する。

文左衛門は、朝顔の鉢植えの手入れに精を出し、肥料を与えたり、水をやったりした。また、朝顔の鉢植えを虫から守るために、薬をまいたりした。しかし、文左衛門の努力もむなしく、翌年も長兵衛の朝顔の鉢植えに負けてしまう。文左衛門は、長兵衛に負けた悔しさで、朝顔の鉢植えをすべて捨ててしまう。

ある日、文左衛門が寺に参拝に行くと、長兵衛の朝顔の鉢植えが枯れているのを見つけた。文左衛門は、長兵衛の朝顔の鉢植えが枯れたのは、長兵衛が朝顔の鉢植えの手入れを怠ったせいだと考える。文左衛門は、長兵衛に朝顔の鉢植えの手入れの仕方について説教する。長兵衛は、文左衛門の説教を聞いて、朝顔の鉢植えの手入れの方法を学ぶ。翌日、長兵衛は、文左衛門に謝罪し、朝顔の鉢植えを文左衛門に返した。文左衛門は、長兵衛の謝罪を受け入れ、2人は和解した。

「朝顔」の歴史と由来

「朝顔」の歴史と由来

「朝顔」は、古典落語の演目の一つです。人情噺に分類され、火事の避難中に長屋住まいの大家と八五郎という男の間に起こるすれ違いや勘違いをコミカルに描いた作品です。「朝顔」という演目は、江戸時代後期に活躍した落語家の三遊亭圓朝が創作したとされています。圓朝は、それまであった人情噺に、当時流行していた「朝顔」の花言葉「儚さ」を掛け合わせた作品を考案したのです。

この噺は、文化文政年間、江戸の本郷元町(現在の東京都文京区本郷)が舞台です。大家と長屋暮らしの八五郎という男が火事に巻き込まれ、逃げ惑う様子を描いています。火事の混乱の中で、大家は八五郎の「朝顔」の絵を大切そうに抱えている様子を見て、八五郎が自分を捨てて逃げ出すのではないかと勘ぐり始めます。

一方、八五郎は大家が火事の混乱に乗じて自分の家財道具を盗んで逃げるのではないかと疑い、大家の行動を逐一監視していました。そんな中、大家は八五郎の家の風呂敷包みを抱えて逃げ出すのを見て、八五郎が自分の家財道具を盗んで逃げ出したと思い込んでしまいます。

火事が収まった後、大家と八五郎はお互いの勘違いに気付き、仲直りします。そして、大家は八五郎に「朝顔」の絵を譲り渡すことで、二人のわだかまりを解きほぐします。

「朝顔」は、江戸の庶民の暮らしや人情をユーモラスに描いた作品です。火事という江戸時代では日常的な災害を題材にしていることから、江戸の庶民の生活や文化を垣間見ることができます。また、大家と八五郎の勘違いやすれ違いをコミカルに描いた作品となっており、現代でも多くの人に愛されている演目です。

タイトルとURLをコピーしました