古典落語「鈴ヶ森」のあらすじと見どころ

スポンサーリンク

古典落語「鈴ヶ森」のあらすじと見どころ

鈴ヶ森とは。

鈴ヶ森は、江戸で起きた落語の演目のひとつです。大阪の落語「崇禅寺馬場」を東京の文化に合わせて作り直したものです。

ストーリー紹介: 鈴ヶ森の顛末

ストーリー紹介: 鈴ヶ森の顛末

鈴ヶ森の顛末

主人公の八五郎は、貧乏長屋に住む若者。見栄っ張りで、いつも大金持ちを気取っているので、近所の人からは「八っつぁん」と呼ばれて馬鹿にされていた。

ある日、八五郎は、仲間の清兵衛に誘われて、鈴ヶ森の決闘を見に行くことに。決闘は、二人の浪人が、愛する女を巡って争うというもので、八五郎は、その様子を大いに楽しんでいた。

しかし、決闘の最中、八五郎は、決闘の一方の当事者である浪人の顔を見て、驚愕した。それは、かつて自分が仕えていた殿様だったのだ。殿様は、八五郎が仕えていた頃に、八五郎をひどく虐めていたので、八五郎は、殿様に対して強い恨みを抱いていた。

八五郎は、殿様を殺そうと決心し、清兵衛に協力してもらうことに。二人は、殿様の帰りを待ち伏せし、殿様を襲撃した。殿様は、八五郎と清兵衛の攻撃に抵抗したが、最後は、八五郎に斬り殺されてしまった。

殿様を殺した八五郎と清兵衛は、鈴ヶ森から逃げ出し、潜伏した。しかし、彼らの罪は、すぐに発覚し、奉行所に捕らえられてしまった。八五郎と清兵衛は、鈴ヶ森の決闘の現場に放置されていた殿様の死体を隠蔽した罪で、死刑を宣告された。

八五郎と清兵衛は、鈴ヶ森で処刑された。八五郎は、自分の罪を悔い改め、「俺が悪かった」と叫びながら斬首された。清兵衛もまた、八五郎と同じく、自分の罪を悔い改め、「八っつぁん、俺が悪かった」と叫びながら斬首された。

鈴ヶ森の決闘は、八五郎と清兵衛の死をもって、その幕を閉じた。

古典落語と鈴ヶ森

古典落語と鈴ヶ森

古典落語「鈴ヶ森」のあらすじと見どころ

古典落語と鈴ヶ森

鈴ヶ森とは、元々は江戸にあった処刑場のことだが、現在は東京の江東区の地名である。この鈴ヶ森を舞台にするのが古典落語「鈴ヶ森」である。古典落語とは主に江戸時代に成立した演目の落語のことである。古くから口承で伝えられ、今日では多数の演者がいる。古典落語の演目のひとつが「鈴ヶ森」だ。

古典落語「鈴ヶ森」は、罪人の処刑が行われる鈴ヶ森で、死刑を免れるために必死に逃げ惑う主人公の八五郎とその仲間の珍道中を描いた話である。八五郎は罪を犯してしまい、鈴ヶ森で処刑されることになった。しかし、彼は死刑を免れるために、処刑場を抜け出そうとする。八五郎は、処刑場にいる死刑執行人の目を盗みながら、必死に逃げ惑う。彼は、途中で出会った仲間たちと協力しながら、処刑場から逃げ出すことを目指す。

古典落語「鈴ヶ森」の見どころは、八五郎と仲間たちの必死の逃亡劇である。彼らは、死刑執行人の目を盗みながら、必死に逃げ惑う。その姿は、滑稽でありながら、どこか感動的でもある。また、古典落語「鈴ヶ森」には、八五郎と仲間たちの友情が描かれている。彼らは、お互いに助け合いながら、処刑場から逃げ出そうとする。その姿は、友情の大切さを教えてくれる。

鈴ヶ森の演じ方と演出

鈴ヶ森の演じ方と演出

鈴ヶ森の演じ方と演出

鈴ヶ森は、古典落語の中でも演じ方が難しく、演出も工夫が必要とされる演目の一つです。その理由は、物語が複雑で、登場人物が多いことにあります。また、鈴ヶ森には、前後編があり、それぞれで異なる演出が必要とされるため、噺家にとっては腕の見せ所でもあります。

鈴ヶ森の前編では、主人公である武助が、恋人のおさんと駆け落ちをするところから始まります。しかし、二人は途中で捕まってしまい、武助はお白洲にかけられることに。そこで武助は、おさんの無実を証明するために、鈴ヶ森で死罪になることを決意します。

鈴ヶ森の後半では、武助が死罪になるまでの過程が描かれます。武助は、死刑囚として鈴ヶ森に収容され、そこで様々な出来事に遭遇します。そして、ついに武助は、鈴ヶ森で死刑になることになります。

鈴ヶ森の演じ方は、噺家によってさまざまです。中には、武助の心情を丁寧に描いていく演じ方をする噺家もいれば、鈴ヶ森の残酷さを強調して描く噺家もいます。また、演出も、噺家によって異なります。中には、鈴ヶ森の場面を舞台装置を使って再現する演出を行う噺家もいます。

鈴ヶ森は、演じ方が難しく、演出も工夫が必要とされる演目ですが、その分、やりがいのある演目でもあります。噺家が自分の個性を発揮することができる演目であり、観客にとっても、鈴ヶ森の世界観に浸ることができる演目です。

タイトルとURLをコピーしました