101回目のプロポーズ – 愛と感動の物語

スポンサーリンク

101回目のプロポーズ – 愛と感動の物語

101回目のプロポーズとは。

「101回目のプロポーズ」は、1991年7月から9月までフジテレビ系列で放送された日本のテレビドラマです。全12回のドラマで、脚本は野島伸司が担当し、主題歌はCHAGEandASKAが歌いました。浅野温子、武田鉄矢、江口洋介などが出演し、冴えない中年男と美女との恋を描いており、劇中のセリフ「僕は死にません」が流行語となりました。

あらすじと魅力的なキャラクター

あらすじと魅力的なキャラクター

-あらすじと魅力的なキャラクター-

101回目のプロポーズは、1991年に放送された日本のテレビドラマです。平均視聴率は約23%を記録し、最終回では約36%を獲得するなど、大ヒットしました。このドラマの主演は武田鉄矢と牧瀬里穂、脚本は野島伸司が担当しました。

主人公は、北海道の小さな町に住む37歳のサラリーマン、星野達郎(武田鉄矢)です。ある日、達郎は地元のデパートでアルバイトをしている17歳の女子高生、矢吹薫(牧瀬里穂)と出会います。薫は達郎をひと目見た瞬間に恋に落ち、毎日のように彼にアタックを始めます。しかし、達郎は薫を振り払おうとし続け、二人は衝突を繰り返します。

そんなある日、薫が白血病であることが判明します。薫は余命宣告を受け、絶望的な気持ちになります。しかし、達郎は薫にプロポーズをし、彼女を元気づけようとします。薫は達郎のプロポーズを受け入れ、二人は結婚します。

結婚後、達郎と薫は幸せな日々を過ごします。しかし、薫の病状は悪化し、ついに死期が迫ってきます。達郎は薫との別れを覚悟し、最後の時間を大切に使います。薫もまた、達郎と過ごす最後の時間を大切にし、彼に愛を伝えます。

そして、薫は達郎に看取られながら息を引き取ります。達郎は薫の死を悲しみますが、彼女との思い出を胸に、強く生きようと決意します。

このドラマは、愛と感動の物語であり、多くの人々に勇気を与えました。また、武田鉄矢と牧瀬里穂の好演も話題となり、二人はこのドラマで大ブレイクを果たしました。

心に響くセリフと名曲主題歌

心に響くセリフと名曲主題歌

-心に響くセリフと名曲主題歌-

「101回目のプロポーズ」は、心に響くセリフと名曲主題歌で知られています。特に、主人公の柏木修二がヒロインの矢吹彩にプロポーズするシーンは、多くの視聴者の涙を誘いました。そのセリフは、以下の通りです。

「彩、俺と結婚してください。100回でも101回でもプロポーズするよ。俺は、彩しか愛していないんだ。」

このセリフは、修二の彩に対する強い愛と決意を表現しています。修二は、たとえ100回でも101回でもプロポーズする覚悟で、彩に結婚を申し込んでいます。このセリフは、多くの人々の心に響き、共感を呼びました。

また、「101回目のプロポーズ」の主題歌である「SAY YES」も、名曲として知られています。この曲は、修二と彩の愛を歌ったバラードで、多くの視聴者に愛されました。この曲は、ドラマの放送終了後も、多くのアーティストによってカバーされ、歌い継がれています。

1991年の大ヒットドラマを振り返る

1991年の大ヒットドラマを振り返る

1991年の大ヒットドラマ「101回目のプロポーズ」は、浅野温子演じるヒロインの星野今日子が、武田鉄矢演じる主人公の矢吹丈と出会い、数々の困難を乗り越えながら愛を育んでいくという感動的なラブストーリーです。このドラマは、平均視聴率36.7%、最高視聴率41.3%を記録し、社会現象を巻き起こしました。

今日子は、丈に100回プロポーズされ、ついに101回目のプロポーズで結婚することになります。このドラマは、二人の純粋な愛と、それを取り巻く家族や友人の温かさが描かれており、多くの視聴者の心を打ちました。

「101回目のプロポーズ」は、その後も何度も再放送され、現在でも多くの人々に愛され続けています。このドラマは、日本のテレビドラマ史に残る名作であり、これからも多くの人々に感動を与え続けるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました