「特捜最前線」徹底解説

スポンサーリンク

「特捜最前線」徹底解説

特捜最前線とは。

特捜最前線は、1977年4月から1987年3月までテレビ朝日系列で放送されていた刑事ドラマです。脚本は、石松愛弘、今村文人、須崎勝弥、江連卓ほかが担当し、二谷英明、大滝秀治、藤岡弘が出演しました。全509回の放送が行われました。

「特捜最前線」とは?

「特捜最前線」とは?

「特捜最前線」は、1977年から1987年までテレビ朝日系列で放送された刑事ドラマシリーズです。主演は、藤田まことさん演じる、警視庁捜査一課特殊班主任・橘警部です。橘警部は、部下の刑事を率いて、主に凶悪犯罪を捜査します。

「特捜最前線」は、ハードな作風と、迫力あるアクションシーンで人気を博し、平均視聴率20%以上を記録しました。また、藤田さんの熱演や、沢口靖子さん、田中健さん、石原良純さんなど、個性豊かな俳優陣の演技も話題となりました。

「特捜最前線」は、日本の刑事ドラマ史上、最も人気のある作品のひとつであり、現在も再放送が行われています。

「特捜最前線」の歴史

「特捜最前線」の歴史

「特捜最前線」の歴史

「特捜最前線」は、1977年から1987年までテレビ朝日系列で放送された長寿刑事ドラマです。刑事たちの捜査や事件解決の過程を通して、社会問題や人々の生き様を浮かび上がらせた作品で、多くのファンを獲得しました。

このドラマは、警視庁捜査第一課特殊班(通称「特捜最前線」)の刑事たちの活躍を描いたもので、毎回、さまざまな事件を捜査し、解決していきます。事件は、殺人、窃盗、詐欺、汚職など多岐にわたり、刑事たちは、現場検証、聞き込み、尾行などの捜査方法を駆使して、犯人を追いつめていきます。

ドラマの見どころは、刑事たちの捜査と事件解決の過程で描かれる社会問題や人々の生き様です。たとえば、ある回では、貧困に苦しむ人々の生活を描き、また、別の回では、環境破壊の問題を扱っています。また、刑事たちが、事件を捜査する中で、さまざまな人々と出会い、その人々の人生に影響を与えていきます。

「特捜最前線」は、刑事ドラマの傑作として、今もなお多くの人々に愛されています。その理由は、ドラマのリアリティーと、刑事たちの捜査や事件解決の過程で描かれる社会問題や人々の生き様にあります。

「特捜最前線」のキャスト

「特捜最前線」のキャスト

「特捜最前線」は、1977年から1987年までテレビ朝日系列で放送された刑事ドラマシリーズです。警視庁捜査一課の特命班「特捜班」の活躍を描いた作品で、高い人気を博しました。

「特捜最前線」のキャストは、以下の通りです。

* 藤岡弘(ジーパン刑事役)
* 桜木健一(大滝刑事役)
* 荒木しげる(野村刑事役)
* 中田博久(橘刑事役)
* 沖雅也(神代刑事役)
* 岸田森(矢崎刑事役)
* 夏木勲(加納刑事役)
* 露口茂(安原刑事役)
* 水谷豊(早見刑事役)
* 岩崎良美(桜田刑事役)
* 田中真理(吉村刑事役)
* 井上純一(村岡刑事役)
* 石原裕次郎(神代亨役)

藤岡弘が演じるジーパン刑事は、特捜班のリーダー的存在で、正義感溢れる熱血漢です。桜木健一演じる大滝刑事は、ジーパン刑事の相棒で、冷静沈着なインテリ刑事です。荒木しげる演じる野村刑事は、特捜班のムードメーカーで、いつも明るく元気な刑事です。中田博久演じる橘刑事は、特捜班のコンピューター担当で、頭脳明晰な刑事です。沖雅也演じる神代刑事は、特捜班のエース刑事であり、神出鬼没で犯人を追い詰めます。岸田森演じる矢崎刑事は、特捜班のベテラン刑事であり、豊富な経験と勘で犯人を逮捕します。夏木勲演じる加納刑事は、特捜班の捜査主任であり、ジーパン刑事をサポートします。露口茂演じる安原刑事は、特捜班の捜査員であり、常にジーパン刑事を支えています。水谷豊演じる早見刑事は、特捜班の捜査員であり、正義感の強い刑事です。岩崎良美演じる桜田刑事は、特捜班の捜査員であり、女性ならではの視点で捜査を行います。田中真理演じる吉村刑事は、特捜班の捜査員であり、ジーパン刑事の良き理解者です。井上純一演じる村岡刑事は、特捜班の捜査員であり、いつもジーパン刑事に協力します。石原裕次郎演じる神代亨は、特捜班の班長であり、ジーパン刑事たちを指揮します。

タイトルとURLをコピーしました