山村美紗の『目撃者ご一報下さい』を徹底解説!

スポンサーリンク

山村美紗の『目撃者ご一報下さい』を徹底解説!

目撃者ご一報下さいとは。

山村美紗のミステリー短編集『目撃者ご一報下さい』は、1982年に出版されました。

山村美紗のミステリー短編集の魅力とは?

山村美紗のミステリー短編集の魅力とは?

山村美紗のミステリー短編集の魅力とは?

山村美紗のミステリー短編集は、短編でありながら重厚なストーリーと鮮やかなトリックが特徴です。また、日常の何気ない出来事を題材にしており、読者にとっても身近に感じられる内容となっています。登場人物も個性豊かで、それぞれのキャラクターが物語に彩りを添えています。そして、山村美紗のミステリー短編集の魅力は、何といってもその意外な結末にあるでしょう。読者が予想もしない展開が待ち受けており、最後まで目が離せません。

収録作品の中身とあらすじ

収録作品の中身とあらすじ

*収録作品の中身とあらすじ*

山村美紗の『目撃者ご一報下さい』は、1985年に刊行された短編集である。表題作である「目撃者ご一報下さい」をはじめ、全10編の作品が収録されている。

表題作「目撃者ご一報下さい」は、ある日突然、夫と息子が行方不明になった主婦の物語。警察に捜索願を出しても一向に進展がなく、彼女は新聞に「目撃者ご一報下さい」という広告を出した。

すると、ある日、彼女のもとに一通の手紙が届く。手紙には、夫と息子が誘拐されたこと、身代金として1000万円が要求されていることが書かれていた。主婦は警察に相談するが、警察は身代金の支払いを拒否。彼女は決死の覚悟で、身代金を持って指定された場所に向かう。

しかし、そこには夫と息子はいなかった。彼女は詐欺に遭ったのだ。絶望のどん底に突き落とされた主婦は、夫と息子を取り戻すため、自ら事件の捜査に乗り出す。

その他、本書に収録されている作品は次の通り。

* 女医の館
* 黙示録の家
* 悪夢の証明
* 路地裏の訪問者
* 独りぼっちの殺し屋
* 危険な休暇
* 密会
* 悪徳の報酬
* 終着駅

いずれも、山村美紗の持ち味が遺憾なく発揮された、ミステリーファン必読の作品ばかりである。

山村美紗の魅力に迫る!

山村美紗の魅力に迫る!

山村美紗の魅力に迫る!

山村美紗は、日本の小説家で推理作家の第一人者です。1931年に広島県呉市で生まれ、1996年に65歳で亡くなりました。山村美紗の作品は、推理小説を中心に、時代小説、ホラー小説、恋愛小説など幅広いジャンルにわたっています。その作品数は、なんと1,000作を超えています。

山村美紗の魅力の1つは、その作品が非常に読みやすいことです。文章がとてもわかりやすく、ストーリーもテンポよく展開していくため、読者はグイグイと物語に引き込まれていきます。また、山村美紗の作品は、トリックが巧妙に練られており、読者は最後まで結末がわかりません。そのため、読者は最後までハラハラドキドキしながら、物語を楽しむことができます。

山村美紗の魅力の2つは、その作品に描かれている人間像です。山村美紗の作品に登場する人物は、とても人間味があります。読者は、その人物に共感したり、感情移入したりしながら、物語を楽しむことができます。また、山村美紗の作品は、社会問題や人間関係など、現代社会のさまざまな問題を題材としています。そのため、読者は、山村美紗の作品を読むことで、社会問題や人間関係について考えるきっかけを得ることができます。

山村美紗の魅力の3つは、その作品が映像化されていることです。山村美紗の作品は、これまで何度もドラマ化や映画化されています。そのため、読者は、山村美紗の作品を読むだけでなく、映像化された作品を見ることで、さらに物語を楽しむことができます。

タイトルとURLをコピーしました