「危険な関係」の概要と解説

スポンサーリンク

「危険な関係」の概要と解説

危険な関係とは。

「危険な関係」は、新章文子の小説です。1959年に発表され、同年第5回江戸川乱歩賞を受賞しました。

「危険な関係」のあらすじ

「危険な関係」のあらすじ

「危険な関係」のあらすじ

「危険な関係」は、18世紀末のパリを舞台にした恋愛小説である。主人公は、恋愛ゲームを操る冷酷な美貌の未亡人、マルキーズ・ド・メールテuilである。マルキーズは、社交界で最も影響力のある女性であり、多くの男性を誘惑してきた。

ある日、マルキーズは、若い美貌の女性、セシール・ヴォランジェスと出会った。セシールは、マルキーズの友人であるヴァラント夫人の娘である。マルキーズは、セシールを誘惑することを決意し、ヴァラント夫人と彼女の夫を巧みに操った。

マルキーズは、ヴァラント氏をセシルを誘惑するよう説得し、ヴァラント夫人はセシルの結婚を阻止するためにマルキーズと手を組んだ。マルキーズは、セシルにヴァラント氏の愛人になるよう説得し、セシルはマルキーズの罠に落ちてしまった。

しかし、マルキーズの計画は裏目に出てしまう。ヴァラント氏は、セシルに本気で恋をしてしまい、彼女と結婚することを決意した。マルキーズは、ヴァラント氏を殺害しようとするが、失敗に終わった。

マルキーズは、ヴァラント氏とセシルの結婚を阻止することができず、彼女は破滅した。マルキーズは、社交界から追放され、彼女は孤独の中で死んでいった。

「危険な関係」の登場人物

「危険な関係」の登場人物

「危険な関係」は、フランスの作家、ショデルロ・ド・ラクロの小説です。1782年に発表され、すぐにベストセラーとなり、その後も何度も映画化や舞台化されてきました。

この小説は、18世紀のフランスを舞台に、美貌の女性メルテュイユ伯爵夫人と、彼女に恋する若い軍人ヴァルモン子爵の物語です。伯爵夫人はヴァルモン子爵に、自分の夫を誘惑するよう依頼します。ヴァルモン子爵は最初は乗り気ではありませんでしたが、伯爵夫人の挑発に乗せられて、夫の浮気を暴くために、彼女と協力することに同意します。

しかし、ヴァルモン子爵は、伯爵夫人の夫の浮気調査をしているうちに、夫の愛人であるトゥルヴェル夫人に恋をしてしまいます。トゥルヴェル夫人はヴァルモン子爵の情熱的な愛に心を動かされ、彼と恋に落ちてしまいます。

一方、伯爵夫人は、ヴァルモン子爵がトゥルヴェル夫人に恋をしていることを知り、激怒します。伯爵夫人は、ヴァルモン子爵を誘惑し、トゥルヴェル夫人から引き離そうとします。しかし、ヴァルモン子爵は、伯爵夫人の誘惑を拒絶し、トゥルヴェル夫人と結婚します。

伯爵夫人は、ヴァルモン子爵とトゥルヴェル夫人の結婚を知って、失意のうちに死にます。ヴァルモン子爵とトゥルヴェル夫人は、幸せに暮らしましたとさ。

「危険な関係」の登場人物は、それぞれが複雑な性格を持っています。伯爵夫人は、美貌と知性を持つ女性ですが、その一方で、冷酷で打算的な一面を持っています。ヴァルモン子爵は、ハンサムで魅力的な男性ですが、その一方で、プレイボーイ的な一面を持っています。トゥルヴェル夫人は、清純で貞淑な女性ですが、その一方で、ヴァルモン子爵の情熱的な愛に心を動かされてしまいます。

「危険な関係」の結末

「危険な関係」の結末

「危険な関係」の結末は、多くの人々がその不可避性を感じながらも悲観的な驚きと衝撃をもって迎えます。主人公、メルテuil伯爵夫人とヴァルモン子爵は、それぞれの人生において最終的に敗北を味わいます。

メルテuil伯爵夫人にとって、ヴァルモン子爵は自分が心から愛した唯一の人間でしたが、同時に、伯爵夫人はヴァルモン子爵を手に入れるために手段を選びませんでした。そのため、最終的にはヴァルモン子爵の愛よりも、自分自身のプライドと虚栄心が優先してしまいます。それは、ヴァルモン子爵がデュエルで死を迎えたときに、伯爵夫人が悲痛なまでに落ち込むという結末に表れています。

一方、ヴァルモン子爵は、自分の思い通りの人生を歩み、愛する女性と結ばれたように見えますが、結局はメルテuil伯爵夫人の策略に利用されることとなります。それは、ヴァルモン子爵が伯爵夫人のもとに戻ろうとしたときに、彼女がすでに修道院に入っており、そこで死ぬまでヴァルモン子爵を拒絶し続けるという結末に表れています。

「危険な関係」の結末は、愛と復讐、そして欺瞞が絡み合った物語の悲劇的な締めくくりです。この結末は、読者に人間関係の複雑さと脆さを考えさせると同時に、人間が持つ愛憎の感情の激しさと破壊的な力を思い起こさせます。

タイトルとURLをコピーしました