夢の直通「ブラジル穴」非現実的空想と現実的意味

スポンサーリンク

夢の直通「ブラジル穴」非現実的空想と現実的意味

いつか深い穴に落ちるまでとは。

「いつか深い穴に落ちるまでとは、山野辺太郎の小説。大手建設会社の子会社社員である男性が、日本とブラジルを直線で結ぶ穴を掘るという国家事業を引き継ぐことになるという奇想天外な物語である。この作品は2018年に第55回文藝賞を受賞し、同年中にデビュー作として刊行された。」

かつて日本とブラジルを直結する穴を掘るという秘密の国家事業があった

かつて日本とブラジルを直結する穴を掘るという秘密の国家事業があった

-かつて日本とブラジルを直結する穴を掘るという秘密の国家事業があった-

かつて、日本とブラジルを直結する穴を掘るという秘密の国家事業があったという話がある。この計画は、1930年代に日本の軍部が立案したもので、その目的は、日本とブラジルの間の交易を促進し、日本の資源不足を補うことであった。

この計画は、ブラジルのアマゾン熱帯雨林に直径100キロメートル、深さ1万キロメートルの穴を掘るというものであった。穴を掘るためには、膨大な量の土砂を運び出す必要があり、そのためには莫大な費用がかかる。また、穴を掘るための技術も、当時の日本では存在していなかった。

そのため、この計画はすぐに頓挫し、実現することはなかった。しかし、この計画は、日本の軍部の野心と、その後の日本の戦争への突入を予感させるものとして、今日でも語り継がれている。

この非現実的な計画の背景にある現実的意味とは

この非現実的な計画の背景にある現実的意味とは

「夢の直通「ブラジル穴」非現実的空想と現実的意味」という大見出しの下で語られているのは、ブラジルと中国を結ぶ全長10,000キロを超える世界最長の海底トンネルの建設計画だ。

この計画は、両国間の貿易と投資を促進し、経済発展を加速させることを目的としている。しかし、この計画は技術的にも経済的にも実現不可能であると専門家の間では広く考えられている。

しかし、この非現実的な計画の背景には、現実的な意味がある。それは、ブラジルと中国の二国間の友好関係を強化し、両国間の経済協力を促進することだ。

この計画が実現すれば、両国間の貿易と投資が促進され、経済発展を加速させることができる。さらに、両国間の友好関係も強化され、経済協力が促進されることが期待されている。

しかし、この計画が実現するには、技術的な課題を克服し、莫大な資金を調達する必要がある。また、両国間の政治的な問題も解決する必要がある。

この計画の実現は困難だが、それを目指すことは両国関係を強化し、経済協力を促進することにつながる。

「いつか深い穴に落ちるまで」が問いかけるもの

「いつか深い穴に落ちるまで」が問いかけるもの

「いつか深い穴に落ちるまで」が問いかけるもの

 ブラジル穴の具体的な実現可能性を問う声に対しては、科学的な根拠を欠いた非現実的な空想だとする認識が一般的だ。しかし、この壮大な構想には、単なる夢物語とは言い切れない現実的な意味が含まれている。

 まず、ブラジル穴の建設は、人類の技術力の進歩を象徴する偉業となるだろう。現在、人類は地中深くを掘削する技術を持っていないが、ブラジル穴の建設が始まれば、その技術開発が一気に進展することが期待される。また、ブラジル穴の建設は、人類の宇宙へのアクセスを容易にするだろう。現在、宇宙に行くためには、ロケットを使って地球の重力を振り切る必要がある。しかし、ブラジル穴があれば、宇宙船は地球の重力を利用して宇宙に到達することができる。これは、宇宙旅行のコストを大幅に削減し、宇宙開発をより身近なものにするだろう。

 さらに、ブラジル穴の建設は、資源の確保にも貢献するだろう。地球上の資源は有限であり、人類の活動が活発になるにつれて、資源不足が深刻化する可能性がある。ブラジル穴があれば、人類は地中深くにある資源にアクセスすることができ、資源不足を軽減することができるだろう。

 このように、ブラジル穴の建設には、非現実的な夢物語とは言い切れない現実的な意味が含まれている。ブラジル穴の建設は、人類の技術力の進歩を象徴する偉業となり、宇宙へのアクセスを容易にし、資源の確保にも貢献するだろう。

タイトルとURLをコピーしました